« 河野談話の意味と従軍慰安婦の真実 | トップページ | マスコミと自民党と安全保障 »

「唐人お吉」の芝居に見る国旗の尊厳

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。

お陰様でランキング上位です。

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

唐人お吉と言えば下田市にゆかりの人物で、芝居に小説にと伝説化されたヒロインですが・・・。

2493



このブログで下田市の歴史を書いた時にも登場しています。

http://tomiyo.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/11-2f71.html

週刊新潮の9/6号に、演出家の石井ふく子さんと女優佐久間良子さんの対談が載っています。
その対談の中で、お二人が芝居「唐人お吉」(83年 帝国劇場)について語っていらっしゃるのですが、国旗に関して非常に興味深いくだりがありました。

佐久間「そして怒ったお吉がアメリカの国旗を踏みつける場面ですよ。もともとのストーリーではあったけれど、いろいろと問題があって、実際にはやらないことになって・・・」
石井「国旗を踏むのは駄目だったんですよね。お吉がカッとなって、旗を踏みつけるのは絵になる場面だけれど、できなかった」


・・・・どうでしょう、日本人のこの他国の国旗への敬意の払い方は。

芝居の中です、観る人といえば劇場に来た限られた人数の観客だけで、それもお客さんの大半が日本人で、芝居中に必然性があり星条旗を踏みつけたとして、それを不快に思うアメリカ人はほぼ見に来ないのですから。

それでもこの気遣い、心遣いなのです。日本人独特の国旗というものの自然な敬意でしょうね。

一方、中国と韓国の日の丸への毀損といったら、ただごとではありません。
燃やす、踏みつける、引き裂く。それも過激な一般人ではなく、国会議員が列をなして日の丸を踏むのが韓国ですが、テレビや新聞ではほとんど報道されないので、案外知らない人も多いのでしょうか。

3132


2243_2


3141


あちらの反日行為に対して、敏感でないのは一つには「韓国に都合の悪いニュースは日本ではほとんど報道されない」ということもあるのでしょうね。

よく、日本人が中韓のやり口に対して腹を立てると「あちらと同じレベルになるな」と牽制する自称識者の意見が出て、それはその通りなのですが、戦後この方ずっと紳士的であったのが日本人の方で、感情がかなり高揚した今でさえ、他国の国旗を損傷できる日本人はいないのではないでしょうか。敬意を払うことを美徳としている日本人の精神性から。
私は日本人をその意味で信頼しています。信頼した上で、日本人よ怒るべきとろこはきちんと怒れと言いたいのです。それは何も、仕返しに芝居の上でさえ、韓国や中国の国旗を踏みつけていいという意味ではありません。日本の旗が毀損されたら、毅然とそのつど抗議しなければいけないと思うのです。
日の丸がめちゃめちゃに扱われるのが余りにも日常茶飯事となっていて、日本人がそれに慣れてしまうことをとても憂慮します。

日の丸は美しい旗なのだと日本人自身が再認識したいものです。

Hinomarutomi

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。

お陰様でランキング上位です。

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

|

« 河野談話の意味と従軍慰安婦の真実 | トップページ | マスコミと自民党と安全保障 »

地方政治・地方自治」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。更新お疲れ様でございます。
本日もありがとうございます。

私が幼少の頃、母方の祖父に連れられて、山田五十鈴さん主演のお芝居を観に行ったことがあります。
当時は小学校低学年だったと思います。お芝居を観るにはまだ幼すぎる年齢でしたが、
おいしいお弁当が付いて、休憩もできるので大丈夫だろうと連れて行かれることに。

行ってみると、子供はまず、見あたりませんでした(笑)
皆、きれいな着物を着ていたり、とにかく子供ながら、自分はとても場違いなところへ来てしまったと思ったものです。

なので、祖父の迷惑にならないようにと、じーっと大人しくしていた記憶があります(笑)
周囲のご婦人方からもよい子ですね!とほめられ、祖父は自慢げに何度も頭をなでてくれました。

なんだか自慢話のようになってしまいましたが、そうではなく、お芝居って、実は子供でも楽しめるものだと言いたかったんです。
しかも、たさか先生のお話で、そのお芝居には細部にいたるまで気が遣われ、観るものすべてが安心して楽しめるようになっているということ。

お芝居は日本の伝統です。
そこから多くのことも学べるのです。日本は本当に最高です!

国旗に対する下品、卑劣極まりない行動をとるシナや朝鮮は、なんだか気の毒にさえ思えてきます。
簡単に言うと、人間らしく生きるということを学ぶ場も機会も何もないのでしょう。
そして決して変わることもできないのでしょう。


投稿: 大和 桜子 | 2012年9月 5日 (水) 07時26分

>それでもこの気遣い、心遣いなのです。日本人独特の国旗というものの自然な敬意でしょうね。

いや。たぶん、世界の国々の大半では、自国のモノであれ他国のモノであれ国旗に同じような敬意を払うかと。
それが国際的な儀礼慣習(プロトコール)として成立しているためです。

逆に言うと、他国の国旗を踏みつける、燃やすなどといった行為がどれほど非礼なものであるか。日本人が意識しなさ過ぎるという面もあります。
これは教育の(マイナス面での)効能ですね。学校じゃ、何にも教えませんから。


投稿: えまのん | 2012年9月 5日 (水) 16時00分

日の丸はさんざん毀損しておいて、焼かれた太極旗が
ネットにアップされたって、韓国では大騒ぎしてます。

http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/b5d93661c9f1185640abe0361f97f501


よーやるわって感じですね。無礼民族が。
しかも「日本人のしわざに違いない」と言ってるそうですよ。

本当に素敵な民族ですね。

投稿: たのかえる | 2012年9月 6日 (木) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 河野談話の意味と従軍慰安婦の真実 | トップページ | マスコミと自民党と安全保障 »