« 「唐人お吉」の芝居に見る国旗の尊厳 | トップページ | オスプレイと危機管理 ~戦争道具だと思っていませんか?~ »

マスコミと自民党と安全保障

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。

お陰様でランキング上位です。

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

女性日本大使館員が強盗被害=おもちゃの拳銃で―モスクワ
時事通信 9月3日(月)0時20分配信 (記事全部引用)
 【モスクワ時事】ロシア治安筋によると、モスクワの日本大使館に勤務する日本人女性職員(27)が1日午前1時半(日本時間同6時半)ごろ、
大使館近くの路上で拳銃のようなものを突き付けられ、かばんを奪われた。
インタファクス通信が2日伝えた。 
女性職員は大使館前の警官に通報。警察当局は約3時間後、ウズベキスタン出身の28歳の容疑者の男を発見、拘束した。
男が持っていたのはおもちゃの拳銃だったという。

<ロシア>在露日本大使館員、襲われる
毎日新聞 9月2日(日)21時47分配信 (全部引用)
 在モスクワ日本大使館によると、日本人の女性大使館員が1日未明(日本時間同日早朝)、
大使館付近の路上で2人組の男に詰め寄られ、カバンと携帯電話を奪われた。
男の1人はその後、大使館の敷地に侵入しようとして警備中の警察官に逮捕された。別の1人は逃走。
大使館員にけがはなかった。【モスクワ】


・・・・引用終わり・・・・・

「大使館員に怪我はなかった]
確かに怪我が無かったのは不幸中の幸いです。
でもちょっと待って下さい。
大使館員の携帯電話が盗まれるってどういうことかよく考えてください。
重要な機密情報が山のように詰まっているのではないのでしょうか?
国家機密に関することが無いとも言えません。
わたくしですら携帯電話にはたくさんの個人情報とともに重要な電話番号などが入っています。

この事件に関してのマスコミの無関心ぶりには、開いた口がふさがりません。
大使館員が襲われるということは日本の国益に関する侵害行為ですよ?
しかも毎日新聞の報道によると「犯人の一人は大使館敷地に侵入しようとした」とあります。
皆様もご存知かと思いますが、大使館というのはその国の法律に左右されない治外法権の場所でもあります。
何年か前に中国の日本大使館に北朝鮮難民が逃げ込んで問題になったことがありますよね。
それくらい大使館というのは警備が厳重であるべき場所だと思うのです。

原発ゼロの勉強会だとか?総裁選だとか?橋本市長が誰ぞと会談したとか?
なんとかという芸人さんがテレビのロケで怪我をしたとか?
そんなことより、国家の一大事をなぜ報じないのでしょうか?

先日の拙ブログで、あちらの反日行為に対して、敏感でないのは一つには「韓国に都合の悪いニュースは日本ではほとんど報道されない」ということもあるのでしょうね。と書きましたけれど、日本内外で日常的に起こっている「日本にとって憂うべき出来事」は、尽く報道されていないのが実態です。外務省の渡航先情報でも危険地域にあるはずべき国の詳細な情報が無いのは有名です。
アメリカの外務省にあたる部署のHPではレイプ注意勧告というとんでもない情報が掲載されている国ですけれどね。

なぜここまで日本という国家の尊厳に対し無関心でいられるのでしょうか?

中国大使の公用車の襲撃事件もロシア大使館員襲撃事件も、政治がもたもたしているならば、しっかり追求していくのがマスコミの使命なのではありませんか?
もはやマスコミは日本を毀損する一端を担っていると言わざるを得ません。
公共の報道という使命を忘れていますね。公共放送であるNHKも民放も。

こういう件は本来ならば政治家がしっかり訴えるところです。
何度も何度でも、しつこいくらいに。
日本国民が不用意に危険な国に渡航して事件に巻き込まれたら大変なのですから。
情報を吟味してそれでもそれを選択するというのは自己責任でもありますからね。
如何に「安全保障・外交」に対し、無関心な国会議員が多いかということに他ならないでしょう。

わたくしは安全保障・外交を一番に取り上げない方は、国会議員として絶対に認めません。

*********

わたくし田坂富代は、自民党員であります。
自民党の悪いところは率直に批判も致します。
しかしそれはどういう歴史的な経過があってこうなっているのか、理解しての上でです。
世界情勢の中でそうせざるを得なかったとしても、あえて発言します。
自民党のような政党には自浄作用が無ければいけないと考えているからです。
考え方に相違があっても構いません。日本という国を愛して行動しているのならば。
全員が全員同じ考えを持っていると言う方がおかしいと思っていますから。
基本理念で差異が無ければ、あとは方法論という事です。
そして内部からの批判に耐えられないような政党ならば、壊れてしまえば良いと思います。

そこまでわたくしが強く言うのは、今のところ自民党以外、国政は任せられないと思っているからで、
大阪維新の会がいくら勢いがあろうと、『安全保障・外交』を具体的に論ずることが出来ない政党は、国政を担うべきではないからです。
国家の安全が担保されていなければ、地方の政策など無用の長物なのです。

さて、先だって、「自民党・衆議院静岡県第6選挙区支部 若手の会 発足会」へ行ってきました。

支部長のかつまた孝明さんは、昭和51年生まれの36歳。
スルガ銀行で地域経済産業分析などをしてきた、いわば経済のスペシャリストです。
その勝俣さんを応援する会でわたくしは「安全保障・外交を語れなければ、国会議員になる資格は無い!」と言ってしまいましたら、おもむろに1冊の本を手渡されました。

自民党政務調査会調査役の田村重信氏が書かれた「日本の防衛政策」

私もいつも持ち歩いています。

004_2

かつまたさんは移動の合間にも読まれているそうです。

「まだまだですが、これでしっかり学んでいます。」との力強いお答えが・・・。
人というのはいくつになっても学ぶことで成長していくものです。
006_2


その頼もしいお答えにホッとしました。

田坂富代はかつまた孝明さんを全力で応援いたします。
打倒、渡辺周防衛副大臣!!!!!
かつまた孝明 さんのホームページはこちらです。
http://www.t-katsumata.com/

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。

お陰様でランキング上位です。

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

|

« 「唐人お吉」の芝居に見る国旗の尊厳 | トップページ | オスプレイと危機管理 ~戦争道具だと思っていませんか?~ »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

党首に、安倍さん、または稲田朋美さん、中山恭子さん、山谷えり子さんのどなたかを!

石破さんは人権擁護法案に賛成だそうですから、ダメです。


河野談話、自民党として撤回してください!

毎年、防衛費を削減してきたことを大反省してください!

移民を増やす政策はやめてください!


シナやコリアに「配慮」する政治は 金輪際やめてください!!お願いします!
そうでなければ自民党も 頼りになりません!

投稿: 憂国のババ | 2012年9月 7日 (金) 00時55分

こんにちは。本日も大変勉強になりました。ありがとうございます!

いつも長くなってしまうのですが、今回はできるだけ短く終わるようにがんばりたいと思います(笑)

田坂先生のお話の通りですね。もう完全に先生のお考えに賛同いたします!
マスゴミは相変わらず自民党叩き、自民党ネガティブキャンペーンばかり。

マスゴミの報道とは真逆のことが正しいということです。
維新なんちゃらの方たちも(笑)自民党に票がいかないようにするためのただの捨て駒みたいなもの。

どうか今回はお花畑脳の方たちも、騙されないでいただきたいものです。

投稿: 大和 桜子 | 2012年9月 7日 (金) 07時04分

前半の意見には、とても共感しました。
一時期、市川海老蔵氏の報道が盛んに行われたときは
日本の報道機関は週刊誌とレベルが変わらないじゃないか!と思ったものです。

ただ後半、自民党以外には国政は任せられないというコメントには
疑問を感じました。
このようなコメントは何か根拠があってかのことかと思われるのですが
自分は、あまり各政党の事情に詳しくないもので、あまり理解ができませんでした。
大変恐縮なのですが以下の点を解説している本や情報源を紹介していただければ
幸いです。

各政党の
・安全保障および外交の知識、考え方の特徴
・党全体の意思決定の仕方の特徴
・上記以外の知識、考え方の特徴


投稿: 上野航輔 | 2012年9月 7日 (金) 09時53分

コメントを記させていただく事をご容赦ください。

 人権委員会設置法案、人権侵害救済法案、人権擁護法案、人権救済機関設置法案、類似名の人権関連法案に反対します。

 人権委員会設置法案に反対する主な理由

○国民に対する十分な説明がありません。
○言論の自由が脅かされます。
○マスコミが除外されています。
○国籍条項がありません。

 「国籍条項が存在しない」、「マスコミを除外している」時点で日本国国民、日本人として到底賛同できるものではありません。
 どうしても当法案を通したいのであれば、上記最低二つの件について日本国全国民にその全容を周知させ、納得を得るのが筋であるはずです。
 政権与党は、これらのことを故意にオープンにせず、日本人・日本国国民に隠し、コソコソと採決・施行に持って行こうとしているかのようです。
 後ろめたい事の無いものであるならば、日本国全国民に対するアカウンタビリティーを取るのが当然と考えます。

 何故、廃案にされても、されても復活して来るのか訳が分かりません。
 ぜひ、日本国国民・日本人(静岡県民)により選ばれた貴方様にお願い申し上げます。これらの法案に身命を賭して反対されるようお願い申し上げます。

投稿: 遠州人 | 2012年9月20日 (木) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「唐人お吉」の芝居に見る国旗の尊厳 | トップページ | オスプレイと危機管理 ~戦争道具だと思っていませんか?~ »