« オリンピックの賑わいの陰のチャイナリスク | トップページ | 竹島・日本が性根を据える時 »

許せるか? 坂本龍一氏の北朝鮮「支援」?

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。

お陰様でランキング上位です。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

 

まず、お断りしておきますが私は原発には反対の立場です。

 ただし、長期視野に立った上での反対者であって、現在の左翼組織主導の反原発運動には、その趣旨も方向にも反対です。彼らの運動は日本を弱体化させます。

 (多くの一般市民が参加していることも承知していますが)

 原発の代替エネルギーと言えば、さしあたって水力と火力ですが、

 その双方ともに反対して来たのが現在の原発反対派の人たちです。

 彼らは一体何をしたいのでしょう?

 反原発のデモ参集呼びかけに、ツイッターやフェイスブックが活躍したそうですが、

 彼らのツイッターやフェイスブックはロウソクの火力で作動するのでしょうか?

 デモの現場にはカゴで出かけたのでしょうか?

 この猛暑はすだれと、打ち水だけで過ごすのでしょうか?

 オリンピックの試合は新聞で見るのでしょうね。

 その新聞を発行するにも電気が要るのですが。

 

原発を廃止すれば、火力に頼るとしてCO2の排出が必須、鳩山さんの削減宣言で日本は他国から排出権を買わねばならぬ他、重油その他の輸入が必要になって来ます。

 必然的に電気料金は高くなり、支えきれない工場は日本から逃げ出して中国、韓国へ。

 あげく中国では「民法231条」が機能して、工場ごと身ぐるみはがされてポイ。

 「拙速な」反原発の行く末は、結局のところ日本の衰退しかありません。

 

拙ブログでは政治家以外の個人攻撃は控えていますが、

 それにしても目に余るのが反原発の音頭取りの一人坂本龍一氏です。

 電気自動車のCMに出て「CO2削減」を訴えたと同じその口で「たかが電気」と言い捨てる節操の無さ。

Genpatusakamoto1

 

 

日本を思っての反原発とせめて思いたいのですが、坂本さんは日本で稼いで納税はアメリカという方。日本の2倍の原子力発電所を持つ原発大国のアメリカはニューヨークの、高級コンドミニアムで電気浸りのお暮らし。

その坂本さんですが、反原発の音楽イベント「NO NUKES 2012」を開催。

売上が1億円以上。

その中から経費を差し引いた金額が、

市民運動「さようなら原発」「一千万人署名市民の会」に寄付されます。

坂本さんはこの団体の呼びかけ人でもあるのですが・・・

 

ところがーー

公安関係者によれば、「さようなら原発」を支えているのは原水禁こと「原水爆禁止日本国民会議」です。

そして原水禁が参加する「平和フォーラム」は朝鮮学校の高校授業料無償化除外や、北朝鮮のミサイル発射に対しての自衛隊のイージス艦に激しい抗議をしていた団体、つまりは北朝鮮擁護の危険団体なのです。

坂本さんが寄付したお金の行く末は結局、北朝鮮なのですが坂本さんはそこまでご存知で寄付なさったのでしょうか?

さらに坂本さんは、山口県知事選でも脱原発を旗印に立候補した飯田哲也氏に応援メッセージを寄せ、投開票日の翌日に対談まで予定していた入れ込みよう。

主催者はその対談を告知するポスターを大々的に貼り出していましたが、ポスターは選挙期間中は一候補につき1種類という原則すら知らない稚拙さ。選挙委員会から公選法違反の警告を受け、剥がすというドタバタぶりで、結局落選してしまい、マスコミが煽り立てるほど一般の意志が脱原発に向いてはいない、ということを示した選挙結果でした。(以上、事実関係は週刊新潮8/12号に依っています)

20年も前からアメリカに住み、日本で稼いだお金もアメリカで納税というライフスタイルの人が、首長選にまで首を突っ込んでくることに違和感を覚えるのは私だけでしょうか?

高校時代は学生運動の闘士だったそうですが、資本主義にどっぷりと浸かった音楽活動で「電気をたっぷり使いながら」名と財を成した人が、原発大国アメリカを納税で支えながら祖国(であるはずの)日本で、脱原発運動。

日本人として、筋が通らぬはなはだ美しくない姿に見えて仕方がないのです。

20年間もアメリカに住み続け、日本に納税を意図的にしないことを選んだ方が本気で日本を大事にしているとも、私などには思えないのですが。

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。

お陰様でランキング上位です。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

|

« オリンピックの賑わいの陰のチャイナリスク | トップページ | 竹島・日本が性根を据える時 »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

う~ん。すばらしい、おっしゃる通りです。

投稿: 名無しさん | 2012年8月 3日 (金) 13時01分

こんにちは。

よい情報ありがとうございます。
許しがたい行為です。

投稿: O | 2012年8月 6日 (月) 18時23分

たさか先生のお話を聞くと、まだ日本は大丈夫!と思え、元気が出てきます。
たさか先生のような政治家で日本がいーっぱいになる日が来ることを心から願っています。
そのためには私たち有権者である日本人がしっかりと政治を見つめ、考え、導いてくれる議員を選び、支援し、守っていかなければなりません。
今まで、政治にあまり関心を寄せてこなかった多くの人々が今、目覚め、立ち上がろうとしているようにも思います。
今年は本当の日本の大復活の始まりの年になりますように...
たさか先生、心から感謝いたします。
ブログの応援ポチ、こちらこそいつもありがとうございます!の気持ちでしています。
残暑も厳しそうですが、どうかお体に気をつけてお元気でいらしてください。

投稿: 大和 桜子 | 2012年8月 9日 (木) 07時16分

おじゃまいたします。
坂本龍一の音楽はずっと好きでしたが…誠に残念ながら彼は相当きな臭いですよね。
寄付先の正体を知らずにやっているのではないと思います。
太陽光発電で儲けたい孫なんちゃらとつるんでいるくらいですから、
確信犯でしょうね。サムスンのCMに登場した頃から、真っ黒だと思ってました。

今後もブログを応援いたします!
暑い毎日ですのでご自愛ください。

投稿: がまたろう | 2012年8月24日 (金) 03時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オリンピックの賑わいの陰のチャイナリスク | トップページ | 竹島・日本が性根を据える時 »