« “領土侵略行為“を報奨するに等しい京都府? 韓国サッカー選手に京都府が特別栄誉賞 | トップページ | 『ハンパな「日韓友好」なら、ないほうがマシ』~日本人を育てる、ということ~ »

「日の丸の意味を今こそ」

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。

お陰様でランキング上位です。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

Utimura
 

内村選手のこの制服のイラストを「あ、旭日昇天旗だ!」と思ってみた日本人はいるでしょうか? 私などは内村選手の華麗な体の動きに気を取られて、韓国から文句を言われるまで、デザインは気にも止めませんでした。

 

デザイナーのコシノヒロコさんが日の丸をイメージしたのかどうかは知りませんが、私の目には岡本太郎さんの描く太陽の絵に見えます。日の丸も太陽がモチーフですから、同じ事ですね。

 

問題は日本が日の丸をデザインしたユニフォームを着ることを、なぜ韓国にとやかく言われなければならないのかということですが、明らかに報復ですね。「独島は我が領土」のプラカードを掲げた選手がメダル剥奪の憂き目に合わぬよう、牽制球なのでしょうが・・・・

しかし、やり口が幼いと、ほとほと辟易とするのは私だけでしょうか。

 

ユニフォームへのクレームは自称従軍慰安婦のおばあさんたちもIOCFIFAに抗議書を出すそうですから、びっくりです。日本の体操選手の制服に、当時の恐怖を思い出し震えたのだそうですが・・・笑っちゃいけませんが、随分想像力の豊かな、また記憶力の良い人たちなのですね、70年近くも前の恐怖の記憶(笑)が、いまなお、まざまざと。

 破格の高給での募集広告が資料として何点も残っていて、募集の列の中には日本人と並んでチマチョゴリの婦人も、のどかに並んでいる写真その他、たくさん「強制の従軍慰安婦などはいなかった」ことが証明されていますが、このおばあさんたちは何をデータに強制されたと言い張るのでしょうね?

 小野田寛郎さんなどは朝鮮の方がいらっしゃる慰安所へ兵隊が行くときは隠語で「朝鮮銀行に貯金に行く」と言っていた、と具体的な証言までしていらっしゃいます。要するに強制ではなくお金が介在したビジネスであった、と。

 

話題のポイントが逸れました。

 自称従軍慰安婦の人たちの言い分は、

 

IOCが日本帝国主義の象徴である日章旗を着て試合をした日本

 体操選手は黙認した」として「その反面、故意性もなく観覧席が投げた紙を持って

 ‘独島セレモニー’を行った韓国サッカー選手に対しては政治的行為云々と

  制裁を議論するのは差別的弾圧だ」

 なんだそうです。

Uketori


 故意性もなく観覧席が投げた紙を持って

 ‘独島セレモニー’を行った韓国サッカー選手」

とのことですが、はて? 私の目が悪いのでしょうか? どう見ても、問題の選手がスタンド席から故意に受け取っているようにしか見えないのですが。

それに、この紙はもともと韓国の関係者らしき男性がスタンドで掲げていたものですよね。

少なくとも「観客席から投げた」は大嘘で、こんな底の割れる嘘をつき続けて相手を根負け、消耗させる作戦は昔からですね。自分が危うくなると理屈も通らない難癖をつけて暴れる。成熟した国際社会ではそれは通らぬどころか逆効果でしかないことを、韓国はそろそろ自覚したほうがよろしいでしょう。

 また韓国側の言い分は「戦争で苦しめたアジアの人たちが、旭日旗のユニフォームを見て苦しみを感じるから、体操のユニフォームを着た選手たちからはメダルを剥奪すべきだ」と主張しています。ユニフォームはどう見ても旭日旗ではないし、よしんばそうだとしても自衛隊が使用している日本の準国旗であり、奉祝旗として定着しているものであります。他国にとやかく言われる筋合いはございません。

制服は事前に五輪委の許可も得ています。

 

「アジアに与えた苦しみ」という言葉に、以前こちらのコメントに「ふっくらまんま」というお名前で現れた方を思い出しました。

日の丸は、侵略の象徴なので、掲げるべきではないというのがその基本の論調で、ずいぶん多数回、長文にわたって論旨を展開されましたが、結局読者の皆さん論破され尽くして去られたのでした。

 その、「ふっくらまんま」さんをふと思い出したのは、今回の韓国の言いがかりを見て、どう感じられたのかな、と思ったからです。韓国の言うとおりだと、深く頷いていらしゃるのでしょうか・・・。

 ユニフォームのことは論外として、旗が一国の象徴としてリアルに大事だというのは、このたび大統領の竹島上陸の際に竹島にある韓国旗、そして尖閣上陸の際に海風に翻った五星紅旗と、青天白日滿地紅旗(せいてんはくじつまんちこうき)を見た人は誰しもドキリとしたのではないでしょうか。

 一時上陸とはいえ、無許可で一国の領土に他国の国旗が翻るということは、それは侵略の印でしかないからです。

日本国旗をないがしろに、毀損する人たちはこのことを忘れています。

 自分が外国で危険に遭遇した時、動いてくれるのは日の丸を掲げた領事館であり大使館です。他国の旗がはためいている公使館に駆け込む日本人がいますか?

 人質になった時、大枚の国費を使って救出してくれるのは、日の丸を背負った母国ですよ?

 他国の中には、それほど甘くもない国だってあるのです。

 国益と自国民の命を秤にかければ国益のほうが重たい国も多いです。

 他国を旅する時、携帯するパスポートはその国の信用です。日本は信用度が高いのであちこち、楽に旅行できることを国旗反対の人達は解っていますか。

国旗もパスポートと同じく、日本の信用度であり、その旗の下に我が民を保護する、という宣言でもあるのです。

 民は国を思い尽くし、国は民を思い庇護する。互いに日の本の民としての誇りを分かち合い、お互いに護る。

 それが日の丸の意味です。

 

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。

お陰様でランキング上位です。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

|

« “領土侵略行為“を報奨するに等しい京都府? 韓国サッカー選手に京都府が特別栄誉賞 | トップページ | 『ハンパな「日韓友好」なら、ないほうがマシ』~日本人を育てる、ということ~ »

一社会人として」カテゴリの記事

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

更新、お疲れさまです。楽しみにしておりました。
そうなんです、日本のパスポート。これがどれだけすごいかということをご存知ない方が多くいらっしゃるようですね。
私の海外への訪問回数はそう多くはないと思うのですが、その経験からでも、?となり、
!になる日本のパスポートのすごさは知っています。
ながーい入国審査待ちで、時には入管スタッフが先にパスポートを見てまわり、日本のパスポートを持っていたら、別のレーンへ誘導され、ほとんど質問もなく、スタンプさえなしで
通されてしまうとか(笑)
羨ましそうなたくさんの目を尻目に、お先に!と、さっさと出て行けるのです(笑)
すごい!日本のパスポート!とつくづく、日本人でよかったとも思える瞬間です。
ただ、この日本の信用さえも利用する人たちもいます。
帰化した元中国人が、日本人になりたいわけではない。ただ、海外に多く出る以上、日本のパスポートは都合がいいからと言っています。
帰化ということが日本人として生きていく決心なのではなく、単純にその信用を利用したいための手段になっているのです。
すべての帰化人とは言いませんけれど、そろそろ日本はこういう問題にきちんと目を向けて考え直さなければならないときなのだと思います。

とにかく、何かしらイチャモンをつけて、攻撃したい人たちって、ただの劣等感のかたまりなんです。だって、相手を本当に見下して、ばかにしている存在ならば、無視すればいいだけのこと。わざわざ攻撃してくるということは、怖くて仕方ないから。
どんどん突き放されるのが恐ろしい。
そして本当はうらやましくて仕方ない。
この劣等感がそういう行動に表れているだけです。
世界レベルで見ても、これがよくわかるかと思います。
まあ、言い換えれば恥を知らぬ。ということでしょうかね(笑)
知らないって怖い。と、よく言いますけれど、まさに、怖いですよね。
知る勇気さえないようですし、ああいう方々はお気の毒としか...


投稿: 大和 桜子 | 2012年8月21日 (火) 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “領土侵略行為“を報奨するに等しい京都府? 韓国サッカー選手に京都府が特別栄誉賞 | トップページ | 『ハンパな「日韓友好」なら、ないほうがマシ』~日本人を育てる、ということ~ »