« 民主党がまたも愚策、素人集団の「意見公聴会」 | トップページ | 健忘症内閣 どこまで国益を損ねるのか?! »

民主党の呆れた外交人事

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

ブログランキングに参加しています。

皆さんのクリックが大きな力になります。

ポチお願い致します。m(_ _)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

小沢一郎氏のゴリ押しで天皇陛下にお目通り叶ったにもかかわらず、

お辞儀の一つもせず、笑顔も無しの習近平氏でしたが、その習氏を

相手に、日本と日本人の悪口を言いまくったのが、駐中国大使・丹羽宇一郎氏でした。

曰くーー

東京都の石原慎太郎知事の尖閣諸島購入方針について「実行されれば日中関係に重大な危機をもたらすことになる」と反対の意を表明したのが、英国の「ファイナンシャルタイムス」紙の取材に対してであるというのだから呆れ返ります。一国の大使ともあろう者が、外国へ向けてわざわざ日本の領土である尖閣諸島へ疑問符をつけるごとき発信をしたわけです。

更に曰くーー

「私たちのこれまでの数十年間の努力を無にする事は容認出来ない。」

丹羽氏のおっしゃる、「数十年間の努力」とは伊藤忠の社長であった氏の、中国への賄賂外交のことではないのでしょうか。

丹羽氏は、近周平氏に向かって、「日本は変な国」とまで言い放ちました。

いったい、いかなる国の大使が相手国の権力者に向かって、自国や自国民を「変人」扱いするでしょうか。

この人の脳内では日本の領土を領土だとして主張することは「変」なのでしょうか。民主党人事の目玉は素人抜擢ですが、元田中防衛相の珍言・迷言の連発に見るごとく、素人はしょせん素人なのです。

脱官僚・政治主導の象徴としての丹羽氏の抜擢でしたが、この方を推薦した岡田克也氏は「政権交代のツケみたいなもんだな」と陰で呟いていると報道されていますが、無責任極まりありません。

このたび、玄葉光一郎外相が丹羽氏を北京から呼び戻したので、当然のごとく解任するのであろうと見ていたら、即中国へ送り返し、もはや言葉もありません。

またこういう外交能力皆無の大使を擁護する「外交評論家」を名乗る人がいるのにも、仰天するばかりです。小池政行氏とおっしゃる方です。

Gaikou

曰くーーー

「中国から反感を買わないでいるっていう事の方が大事なんですよ。結局ねぇ、反中国的な心情を持っている人っていうのは上手くいかないわけですよ」

「ああいう大使だからこそ、また帰ってからも中国側と話が出来るし、そういう人を使って落としどころを生み出していくわけですから」

・・・・中国から反感を買わないということを対中国外交の要に置くとするならば、日本は永遠に領土問題には触れられないということですね。

駐中国大使には、賄賂外交に長けた丹羽氏のごとき人が最適だと言うご意見なのでしょうか。ODAを通じて莫大な「袖の下」を渡しつつ「お願いです、あんまり日本をイジメないでくださいな」と下手に出るのが外交だ、という主張なのですね? そう言えば期限切れのODAの延長を外務省に提言したのも丹羽宇一郎氏でした。

以下、ひげの隊長こと佐藤正久参議院議員のツイッター内容です。

佐藤正久@SatoMasahisa714

丹羽中国大使が15日に一時帰国、尖閣めぐり玄葉外相と協議との報道。佐藤が参議院の予算委員会と外交防衛委員会で丹羽大使の更迭と参考人招致を要求。一時帰国の際、国会の招致に応じず、外務省が直ちに帰国させた場合、少なくとも参議院の委員会軽視との批判は免れない。外務省が守っているのは何?

・・・・外交は正義などには基づかない、自国の権益が最大価値の熾烈な駆け引きです。食うか食われるかの熾烈な場なのですから、いったんこちらが、腰をかがめて弱気の姿勢を見せると、相手はこれでもか、と拳を振り上げ叩きにかかって来ます。案の定、中国は北京に新設された日本大使館に吹き抜けがあるのがけしからん、使用許可を出せないと理屈にもならない難癖をつけて来て、許可を与える代償として、新潟と名古屋の土地取得について便宜をはかれという無理無体な要求です。

以下、櫻井よし子氏のブログより。

http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2012/02/16/%E3%80%8C%E3%80%80%E2%80%9C%E5%90%B9%E3%81%8D%E6%8A%9C%E3%81%91%E2%80%9D%E3%81%AE%E4%BB%A3%E5%84%9F%E3%81%AB%E5%9B%BD%E5%9C%9F%E3%82%92%E5%A3%B2%E3%82%8B%E5%A4%96%E5%8B%99%E7%9C%81%E3%80%80%E3%80%8D/

(一部抜粋)北京の日本大使館は昨年7月、新館を完成させ、8月に中国側に建築確認を申請した。中国側は申請にない増築があったとして建築確認を下ろさない。外務省が対応を尋ねると、問題になっている新潟市の領事館用の土地、及び名古屋市の領事館用の土地の便宜をはかってくれれば、大使館の建築確認について配慮すると、口頭と文書で明らかにした。

――――抜粋終わり―――

いったい、吹き抜けが大使館にあったところで、中国側に何の問題があるというのでしょう!?

しかし、外交というものは本来こういう理屈でも何でもない強引な「力技」なのです。

ちなみに韓国も中国と同じようなクレームをソウルの新設日本大使館につけて来ています。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012071601002077.html

大使館前の、従軍慰安婦の像の不法設置は黙認で、一国の大使館の建設内容にクレームです。しかし、これが外交というものです。

翻弄されているだけでは、日本はいいようにされてしまいますね。

外交駆け引きと言えば、靖國神社で暴れた中国人のことを公にしないでくれと中国側が言って来て、警視庁も表に出さずにいるという一件に、週刊ポストの713日号が触れています。

http://news.livedoor.com/article/detail/6726097/

(一部抜粋)

>平日の午前中、人気もまばらな境内が騒然となった。東京九段にある靖国神社で64日、境内を訪れた中国人男性が大暴れする事件が起きた。

>この件で中国大使館が警察に公表しないよう申し入れたという情報もあり、警視庁は今にいたるまで事件を公表していない。

 >「台湾人が本殿まで参拝するのに対し、韓国人は見学程度、中国人の場合は敵情視察に近い。来た人の多くは、神社に政治色が薄いので拍子抜けして帰るようですが、昨年12月には神門にガソリンを撒き、柱の一部を焼いた中国人活動家がいました。

>彼はその後、韓国の日本大使館に火炎瓶を投擲(とうてき)し逮捕されましたが、実は神門が焼かれる直前、神社の境内にも火炎瓶のような物が置かれていた。現在韓国で勾留中ですが、中国と日本の間で、身柄引き渡しをめぐって交渉が続いています」(靖国神社関係者)

―――――――――抜粋終わり―――――――――――――――

水面下でどのような交渉が行われているのか知りようもありませんが、このたびのソウルの日本大使館建設への横槍がこれと関係していないだろうか、とふと思ったりもします。

いずれにしても、こと対中韓の外交に関しては、民主党政府は翻弄される一方です。もっと骨のある大使を置いていただきたい、と切に願います。

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

ブログランキングに参加しています。

皆さんのクリックが大きな力になります。

ポチお願い致します。m(_ _)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

|

« 民主党がまたも愚策、素人集団の「意見公聴会」 | トップページ | 健忘症内閣 どこまで国益を損ねるのか?! »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

近習平、ではなく 習・近平じゃないでしょうか?

投稿: 無記名で失礼いたします。 | 2012年7月21日 (土) 01時40分

無記名で失礼いたします。さん、有難うございます。
訂正しました。

投稿: tomiyo | 2012年7月21日 (土) 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 民主党がまたも愚策、素人集団の「意見公聴会」 | トップページ | 健忘症内閣 どこまで国益を損ねるのか?! »