« 国旗への冒涜は韓国のお家芸では? | トップページ | 日本に引渡しなさい! »

「朝鮮人殺害」を「虐殺」横浜市教委、中学副読本を書き換え 事務局独断で

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

ブログランキングに参加しています。 

皆さんのクリックが大きな力になります。 

ポチお願い致します。m(_ _)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

 

横浜市教育委員会が市立中学の生徒全員に配布している副読本『わかるヨコハマ』の今年度の改訂で、関東大震災直後の「朝鮮人虐殺」の記述が教育委員に報告せずに書き換えられていたことが分かった。歴史認識に関わる改訂にもかかわらず、一部の事務局職員の判断で行われた。今後も恣意(しい)的な“修正”が相次ぎかねず、文部科学省の検定を経ない副読本の課題が浮かび上がった。

 

(寺田理恵、黒田悠希)

 

 『わかるヨコハマ』は中学生が市の歴史や文化、自然への理解を深められるよう、授業などで活用する副教材として平成21年に発行された。毎年、最新のデータに更新した上で、1年生全員に配布される。今年も今月2日、約2万7千人分が全149校に配られた。

 

修正が判明した部分は、関東大震災について記した項目「震災のようす」のうち、震災後の混乱で「朝鮮人が井戸に毒を入れる、暴動を起こす」というデマが流れ、朝鮮人が殺害されたと説明した部分。

 

23年度までの旧版では「自警団の中に朝鮮人を殺害する行為に走るものがいた」としていたが、改訂版では軍隊や警察も「朝鮮人に対する迫害と虐殺を行い」と、踏み込んだ表現に書き換えた。

 

在日本大韓民国民団の機関紙「民団新聞」が13日付で「虐殺の主体鮮明に」と報じて判明。市教委によると昨年、旧版の記述について市立中の元社会科教諭から「誤った見解」と繰り返し修正を求められ、これを執筆者に伝えた。書き換えは監修する市教委事務局の社会科指導主事の判断で行われたという。

 

しかし、「朝鮮人虐殺」をめぐっては、殺害された朝鮮人の人数や軍、警察の関与に諸説がある。神奈川県教委は昨年8月、県立高校教諭が「朝鮮人虐殺の現場」見学の校外学習を企画したことについて、「多様な考え方がある中で、一方的な解釈は望ましくない」として、校長に対し口頭で是正を指導した。

 

著書「関東大震災『朝鮮人虐殺』の真実」で再検証したノンフィクション作家、工藤美代子氏は「被害者の数が何千、何万と一人歩きする『南京大虐殺』と同じ構図が『朝鮮人虐殺』にもあり、教材で扱うには慎重さが求められる。不幸な事件だが、当時は朝鮮独立運動のテロがあった。今回の改訂版の記述は一方的な見方だ」と指摘する。

 

議論のある部分にもかかわらず、市教委事務局担当者は管理職の決裁も得ていなかった。山田巧教育長は産経新聞の取材に「歴史認識において、いくつかとらえ方のある部分の書き換えは慎重であるべきだ。(問題箇所は)量的にも分野的にも決裁をとるべき事案。中身についても、文脈や構成に誤解を招く部分があると思われるので精査する」と、手続きの不備を認めた。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120625/edc12062500520000-n2.htm

 

全文引用

A5_2

由々しき事態です。

 

教育委員の了承なしに、一部の事務局職員の独断と主観で子供たちの教育の基本になる副読本が書き換えられる。

 

言い換えれば一個人の偏狭な史観が、横浜の子供たち2万5千人の脳裏に刷り込まれてしまうということです。

こういう歪んだ歴史教育を受けてしまった子供たちは、「日本人が震災のどさくさに乗じて朝鮮人を大虐殺してしまった」と脳裏にインプットされてしまい、それは容易に南京大虐殺が事実であった、という発想に結びついてしまう危険性があります。

震災のドサクサで、日本人が罪もない朝鮮の人たちを何の理由もなく「虐殺」する、

いえ、出来るでしょうか?

日本の大震災における日本人の冷静さと静かさは、韓国人の記者が「日本人はもっと

騒ぎ怒るべきでそれが自然だ」とお門違いの批判をしたぐらいに、見事に秩序だったものでした。

 

その日本人がデマだけで、殺人?

人を殺すという行為には変な言い方ですが相当の意志の力と体力が要ります。

何の理由もなく、単にデマだけで日本人が人を大量に殺戮するでしょうか?

通常の日本人の感覚の持ち主なら、まずそこを疑うのが自然ではないでしょうか。

 

当時の新聞記事がいくつも、「不逞朝鮮人」の暴動とそれを攻防する日本人の様子を伝えています。デマなどではなく、震災に乗じて暴虐の限りを尽くしたのは日本人ではなく、朝鮮人ではなかったのでしょうか。

 

その暴虐を自衛するために殺戮が結果としてあった。あの、中韓に「寛容な」朝日新聞ですら、朝鮮人の暴動を伝えているのですよ。

以下、当時の新聞記事を御覧ください。こういう歴然たる証拠をなぜ無視して、学校で日本人が一方的に朝鮮人を大量に殺した、と教えられるのでしょうね。

A1_2


A2_3


A3_3


A4

 
http://blogs.yahoo.co.jp/jjtaro_maru/26457710.html

 

参考まとめサイト

 

針小棒大。おそらくはそれが歴史の真実です。過剰防衛としての殺戮は皆無ではなかったかもしれません。でも発端は、デマなどではなく、相当量の資料を瞥見するだけでも、まず震災の混乱に乗じた「不逞朝鮮人の暴虐ありき」だったのではないでしょうか?

 新聞は「但し一般鮮人は順良」であると不逞朝鮮人が一部の暴徒であることもきちんと伝えています。

 この事から考察しても、日本人が理由も無く朝鮮人の虐殺などしません。

 自己防衛のための戦いだったとしか言えません。

 震災のどさくさに乗じて暴徒化した朝鮮人VS迎え撃つ日本人という構図でしょう。

 この構図を忘れてはいけません。

 神奈川県が税金を使い、韓国側(民団の立場)でのデマゴーグを生徒に刷り込みさせる。それは日本の教育への韓国の内政干渉ではありませんか。

 何度も拙ブログで指摘しているように歴史教育というのは偏りの無い「客観的事実」を教えるべきであって「主観的事実」を教えこむというのは間違いです。 

 教師の主観を生徒に刷り込む。これはある意味巧妙な洗脳であると言い切ります。

 日本の教育の根幹に関わる部分に「主観」は不要なのです。

 

 それにしても…朝鮮学校の民族教育や韓国の国定教科書の虚偽の記述には何も言わずに日本の教育に口を出す民団とはどういう組織なのか…。心底うんざりします。

 

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

ブログランキングに参加しています。 

皆さんのクリックが大きな力になります。 

ポチお願い致します。m(_ _)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

|

« 国旗への冒涜は韓国のお家芸では? | トップページ | 日本に引渡しなさい! »

地方政治・地方自治」カテゴリの記事

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

横浜市は「常習犯」ですよ。
以下のサイトに詳しいです。

http://d.hatena.ne.jp/jjtaro_maru/20100905/1283676986

こんな、でたらめな教育を放置していたら自虐史観の
日本人が増える。当たり前の話です。

こういう大嘘教育をいつまで、政府は放置しておく気なのでしょう。
いや、その前に日本人が立ち上がり声を上げないと、
教育は変わらないのではないでしょうか?

対日教組を旗印に選挙に出た教育関連の自民党員もどこかに
いた気がしましたが、なぜこういう大問題には口を
閉ざしているのでしょうね。
真の護国派であるか、ポーズだけのエセ保守であるのか
今回の事件はまるで踏み絵のようです。

投稿: たのかえる | 2012年6月25日 (月) 16時15分

こんな問題をこのままにしていては又起きます。(`Д´)8日以降の来週横浜市教育委員会に出向いて、関係した人間又は上司にびっちりと抗議する積りです。工藤美代子氏の力作のポイントをまとめたものと多くの当時の新聞記事の資料も持参します。

投稿: 匿名ですみません | 2012年7月 1日 (日) 23時53分

貴女のホームページに訪問させて頂き、真正大和撫子と認識致しました。(^^ もしも、石原都知事も盛んに発言しています「占領憲法無効論」に付いてご存知なければ、一度目を通される事をお奨めします。提唱者は、南出喜久治弁護士です。

投稿: 匿名ですみません | 2012年7月 2日 (月) 09時26分

たのかえるさん、コメントありがとうございます。
事実を知れば知るほど、うんざりします。
問題を国会でしっかり論じてくれないことが、
とても切ないです。
義家弘介先生や山谷えり子先生だけでは、
厳しいと思います。
もう少し賛同してくれる国会議員がほしいですね。


匿名ですみませんさん、コメントありがとうございます。
行動を起こそうというその心意気、
心よりご尊敬申し上げます。
また拙ホームページへもお越しいただきまして、
ありがとうございます。
また過分なお褒めの言葉もありがとうございます。

投稿: tomiyo | 2012年7月 2日 (月) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国旗への冒涜は韓国のお家芸では? | トップページ | 日本に引渡しなさい! »