« 端午の節句 | トップページ | 丸腰の自衛隊、タダ乗りの中国 »

結局国を守るのは自国民です

ブログランキングに参加しています。

皆さんのクリックが大きな力になります。

ポチお願い致します。m(_ _)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120509-00000084-san-pol

陸海空3自衛隊 尖閣奪還作戦を策定 「中国が占領」連携対処

産経新聞 59()755分配信

 陸海空3自衛隊が昨年11月の統合演習で、沖縄・尖閣諸島が中国に占領されたと想定し、詳細な奪還作戦を策定していたことが8日、分かった。擬装漁民の不法上陸をきっかけに周辺海域まで中国に占領されるというリアルなシナリオで構成され、中国の弾道ミサイルの命中精度向上を踏まえ、陸海空3自衛隊の「統合運用」による迎撃能力の強化策も検証していた。

(一部引用)

民主の売国政府も?少しは危機感をもっていたことはわかりました。

一方でこの記事では以下のことも指摘しています。

尖閣占領が民兵上陸に端を発するならば、海上保安庁や警察が初動対応を担うが、自衛隊との連携強化は進んでいない。陸自部隊の輸送力強化など機動性を重視した防衛力整備も急務となる。

普段、尖閣の周辺の海域のパトロールは海上保安庁が行なっています。

実際にどのような状況であるのか、私たち日本国民はほとんど見聞きすることはありません。

ヒゲの隊長・佐藤正久先生の動画ですが、とても参考になりますので、読者の皆さんにもぜひご覧頂きたいと思います。

(全編見ていただくとより一層理解が深まります)

国を守る=国民を守るですから、そのために税金を投入するのはごく当たり前のことです。普通の家でも防犯対策をしていますよね?鍵を二重につけたり、防犯会社と契約して住居の安全安心をお金で買っています。

よく言われることですが「水と安全は無料」ではありません。実はお金を出すべき最優先事項なのです。そこに安心が無いと、庶民の娯楽文化なども栄えません。今現在のアフリカ諸国を見ていたらそれが実感できると思います。昔、日本は鎖国政策で外国からの侵略を防いでいました。そして庶民の絢爛豪華な文化が栄えたという正の側面は忘れてはいけません。日本は島国だったという事で長い間、他国と領土争いが無かったというのも、大陸の国家との大きな違いです。

国を守るという事は、自国の領土を守るという事なのに、なぜこんなにも予算を削減するのでしょうか。

問題意識が希薄なのでしょうか?

国民を護る=領土(領空・領海)を守るということなのに…。

結局国家予算の配分をどうするのかという話になるのですけれど、中国に対する日本の予算はODAを始め総額でどのくらいの金額にのぼっているのでしょうか。

経済発展が著しい国に対して使われるべきお金じゃないと思うのだけれど。

中国の黄砂の問題で日本が巨額の資金援助で助けるのは筋違いでしょう?仮にも経済大国として数字の上では日本を抜いたと豪語している国家なのですから。中国は。

そんな余分なお金があるのなら、まず尖閣に対しての国防予算をきちんとつけるべきだと思うのが、普通の人の考えですよね。

そりゃ年金問題も大事だけれど、日本という国が存在するからできる議論であって、今は日本という国が存続できるかどうかの瀬戸際だということを、知識のない国会議員の先生方に教えてあげなくちゃいけませんねぇ。

国防は国防の知識のある政治家に任せるべきなのです。

国民の意識レベルの政治家を国政に送り出しているのだとすれば、私たち一人一人がしっかりとした「国防に対する見識」をしっかり持つことが必要なのではありませんか?

安全はお金で買うものですよ?

さて、今私たち国民に何ができるのかといえば、私達の固有の領土を絶対に守るという意思表示なのではないかと思うのです。

我が国の領土を守るために、石原慎太郎という漢が立ち上がった。

尖閣は現在個人の所有物です。その持ち主が「東京都なら託しても良い」と侠気を見せてくれました。札びらで中国に頬を叩かれても売却にNoを言い続けた持ち主がです。

今こそ私たちはその志に賛同するのだという強い意思表示が必要なのです。

だからこそ金額よりも、賛同者の数が雄弁に日本国民の意思を現します。どれだけの数の日本国民が「日本の領土である尖閣を守る」意思があるか、海外に向けてアピールする絶好の機会であると同時に、その人数が少ないとなれば中国側に反論の余地を与えることになってしまいます。

さて、あなたならばどうしますか?

みずほ銀行のATMだと無料送金できます。残念ながら下田市にはみずほ銀行がありません。出先でみずほ銀行の近くに行った際に寄付するつもりです。私の「日本が好きだ」という気持ちを託して。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120509/lcl12050914160001-n1.htm

寄付金3億円を突破 8日時点 1日で9千万円増

2012.5.9 14:14 尖閣諸島問題

 東京都が尖閣諸島(沖縄県石垣市)購入計画をめぐり4月27日に開設した購入資金の寄付金口座への入金が、8日までの12日間で3億円を超えたことが、9日の都の集計で分かった。

 入金は計3億1459万9779円。件数も2万3402件と、2万件を突破した。

 7日時点では計2億2789万8890円、1万7752件で、1日で約9千万円集まったことになる。

 寄付金口座は、みずほ銀行東京都庁出張所(店番号777)・普通口座1053860「東京都尖閣諸島寄附金」。寄付金控除の対象となり、申請に必要な領収書は都が発行する。問い合わせは都知事本局尖閣諸島寄附担当(電)03・5388・2206(平日午前9時~午後6時)。都のホームページにも案内がある。(msn産経ニュース 全部引用)

Hinomaru3

竹島も日本の固有の領土です

ブログランキングに参加しています。

皆さんのクリックが大きな力になります。

ポチお願い致します。m(_ _)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

|

« 端午の節句 | トップページ | 丸腰の自衛隊、タダ乗りの中国 »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。さっきチェックしたら尖閣諸島購入寄付金3億7千万円超えていました。この調子でもっといってもらいたいですね。
私は昨日みずほ銀行ATMで僅かですが寄付してきました。銀行員さんが窓口では専用の振込用紙を取り寄せなくてはならないのでATMで振り込んでください、手数料はかかりませんからと丁寧に教えてくださいました。身内の分も頼まれていたので2人分の明細書、記念にとっておきます。
銀行に寄る前は病院にいたのですが、先生と世間話をしていると尖閣の話になり、先生が診察室で都庁のHPを開き、ああこれね、私もよく読んで寄付しようかしらとおっしゃっていました。
産経新聞と読売新聞が寄付金先を載せていたようですが、その他の新聞紙は無視。契約が切れたら産経に替えようと思っています。まだ1年以上あるんですけど。
たさかさんは自民党議員なんですね。自民党の国会議員はいろいろいらっしゃるし、公明党と組んだりで私はどうも納得いかないところがあるのです。私の勝手な望みですが、たちあがれ日本から次期国政選挙に出ていただけたらなあと思っているのですが。たさかさんにぴったりな政党だと思うんですが、ほんと勝手にすみません。
特アの日本侵略は許せないものがあります。民主党政権とマスコミがやりたい放題させている感じですので、一日も早くまともな政権にチェンジしないと手遅れになりそうで怖いです。残念ながら私は選挙区民ではありませんが、日本を守るため国政選挙考えてみていただけませんでしょうか。

投稿: ハギノ | 2012年5月10日 (木) 18時16分

ハギノさん、コメントありがとうございます。
お気持ち有りがたく承りました。m(_ _)m

投稿: tomiyo | 2012年5月10日 (木) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 端午の節句 | トップページ | 丸腰の自衛隊、タダ乗りの中国 »