« 日本人に知らせない世界情勢 | トップページ | 日本のものづくりは世界一 »

憲法を考えるのは国民の義務じゃないだろうか?

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

たさかとみよ公式HP「私は、ここにいる」 

ブログランキングに参加しています。 

皆さんのクリックが大きな力になります。 

ポチお願い致します。m(_ _)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

  

太平洋・島サミット閉幕 中国けん制へ変わる狙い

 

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012052702000085.html

 

沖縄県名護市で開かれていた「第6回太平洋・島サミット」は26日、「航行の自由」の確

 

保を含めた海洋ルールの順守を首脳宣言で初めて打ち出して閉幕した。

 

「海洋秩序の順守」は、東シナ海や南シナ海で海洋権益の拡大を図る中国が最も嫌がる言葉。日本政府が参加国と中国に対する危機感を共有したかったのは明らかで、首相同行筋は「安全保障環境の変化に対応できる舞台装置はできた」と強調した。

 

(東京新聞 TOKO Web 一部引用)

 

 

 

本当に安全保障環境の変化に対応できるのでしょうか?

 

 

 

安全保障の法整備が出来ていないために、とても危険な状況で海上保安庁や海上自衛隊が領海を守っていることは、拙ブログでも何度も取り上げてきています。

 

大元の憲法を改正しなければ、きちんとした安全保障の法整備が出来ないことも。

 

 

 

今回自民党が憲法改正草案を出しましたが、私たち国民がどれほどの興味を持っているのか地方政治の場に身を置く私が感じることは、日々の生活に精一杯でそんなことは政治家がやってくれというのが実態なのではないでしょうか?

 

 

 

私がいちばん恐れるのは、「日本が独立国家として、ごく当たり前の憲法改正をしようとすることを良としない」左傾マスコミによる煽動です。

 

憲法改正をすると日本はまた戦争を起こすという、全く馬鹿げた反戦運動と結びつけて恣意的に世論を誘導していく。

 

 

 

憲法はその国の有り様です。その国民の有り様です。

 

草案づくりや決定は国会に委ねるわけだけれども、自国の有り様を考えるのは国民としての権利ではなく、義務なのだと思うのです。

 

そして先導された世論ではなく、国の当事者としての意識で憲法改正を考えましょうよ。

 

 

自民党の今回の「カフェスタトーク」(5/28)は、小林節慶応大学教授をお迎えし、「憲法改正」をテーマに議論をしています。私たちにも解りやすい内容になっているのでぜひご覧頂きたいです。

 

最後に小林節先生が、こんな一言を。

 

野党になった自民党を突き放してみていて良いと思うのは、旧勢力の人々がだんだんくたびれてきてること。ニューリーダーが育ってきていること。

 

がんばれ日本!

 

Hinomaru5

たさかとみよ公式HP「私は、ここにいる」 

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

ブログランキングに参加しています。 

皆さんのクリックが大きな力になります。 

ポチお願い致します。m(_ _)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

|

« 日本人に知らせない世界情勢 | トップページ | 日本のものづくりは世界一 »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本人に知らせない世界情勢 | トップページ | 日本のものづくりは世界一 »