« 領土を守る日本人たち | トップページ | 日本人に知らせない世界情勢 »

テロとの戦いは公海にも

ブログランキングに参加しています。 

皆さんのクリックが大きな力になります。 

ポチお願い致します。m(_ _)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

 

テロというとアメリカの9.11や、今は昔になってしまったオウム真理教の地下鉄サリン、

世界各地で頻発する自爆テロなどを思い浮かべますが、

実は現在の日本は相当な頻度でテロの脅威にさらされています。

 

 

 

/22 ヤフーニュース FNN 

 

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20120522-00000774-fnn-int

 

シー・シェパード代表、保釈金およそ2,500万円で保釈される

 

/14 産経新聞ニュース

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120514-00000508-san-soci

 

シー・シェパードのポール・ワトソン船長逮捕 船舶の運航妨害容疑者

 

/15 産経新聞ニュース

 

シー・シェパード代表 独で逮捕 水産庁「調査捕鯨にどう影響」

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120515-00000108-san-soci

 

 

 

日本ではあまり知られていませんが、シー・シェパードはアメリカFBIからも『環境テロリスト』として警戒されている反社会的団体です。

 

シー・シェパードの行動は社会通念をはるかに超えるほど暴力的であり、世界各国で問題を引き起こしています。

 

前述のニュースの逮捕理由も、10年前にコスタリカの船の航行を妨害したとしてコスタリカ政府から出されている逮捕要請に基づいたものです。

 

 

 

日本に対するシー・シェパードの執拗な妨害活動は他国の比ではありません。それはなぜなのでしょうか?

 

 

 

こんな記事もありました。

 

日本たたきで収入アップのシー・シェパード代表。

 

要するに彼らにとって反日行為はビジネスなのです。鯨やイルカを守るという事を旗印に。

 

アメリカの人気番組で「アニマル・プラネット」の中で『whale wars』は特に高視聴率を誇っています。

 

悪の捕鯨船団に立ち向かう正義のシー・シェパードって図式を作り上げて。

 

ちなみにそれらは日本のアニマル・プラネットでは一切放送していません。

 

その番組のおかげで多額の寄付がシー・シェパードに集まるという仕組みです。

 

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/asia/535662/

 

 

このようなテロの脅威に晒されていながら、なぜ日本では詳しい報道がなされないのでしょうか?

 

報道がされたとしても、控えめな報道しかされていないのが実態ですよね。

 

捕鯨反対で、捕鯨船に酪酸や塗料入りの瓶をランチャー(発射装置)を使うなどして投げつける妨害活動、これはっきり言って凶悪な犯罪行為ですよ?酪酸は一歩間違うと失明するような怖い物質です。ただの悪臭を持った弱酸ではありません。人体に吸収されると毒性が生じ、細胞や組織を破壊するものです。命を失う危険性さえある化学薬品です。

 

そのことをきちんと報道した日本のテレビ局は無かったと記憶しています。

 

国民的なテロ撲滅に対する盛り上がりがなければ、国際捕鯨委員会での日本の立場は益々低下するばかりです。

 

国際捕鯨委員会は33ヶ国が捕鯨国で42ヶ国が反捕鯨国です。反捕鯨国の多くは、かつて鯨油を目的に鯨を採り、多種の鯨を絶滅に追い込み、コククジラは絶滅しました。ペリーが開国を迫ったのも、捕鯨船への水・薪・食料などの補給基地を得るためでした。詳しくはこちらをご覧ください。 (歴史に学ぶ 開国の歴史と伊豆下田の関係)

Photo_2

 

南極海で活動中の調査捕鯨船第2勇新丸に妨害活動をするシー・シェパードのメンバー

 

 

 

シー・シェパードの行為は、国連海洋法条約上「海賊行為」としています。公海上で船舶に対し、私的な目的で行うすべての暴力行為は海賊とみなされます。

 

そしてシー・シェパードによる海洋汚染も深刻です。

 

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/559899/

 

 

 

海上保安庁は20106月、シー・シェパードのメンバーが日本の調査捕鯨船団の監視船を妨害した事件の共犯としてワトソン容疑者を国際手配しましたが、国際刑事警察機構は今年の3月「国際逮捕状の要件を満たしていない」として取り消しをしています。

 

これに対して政府はどのような行動をとったのでしょうか?

 

少なくとも国民に詳細は知らされてはいませんよね?

 

 

 

鯨は哺乳類で可哀想と主張するならベジタリアンになるしか無いでしょう。食文化というものは尊重されなければいけないものです。オーストラリア人がカンガルー肉を食べるのも日本人感覚だと理解できません。しかしカンガルーを食べるなとは言いません。食文化は尊重されるべきものですから。人間の都合で食べて良い哺乳類と、食べて悪い哺乳類を分けること自体がおこがましい行為なのです。その矛盾を指摘しないのは何故でしょう?

 

鯨に関しても調査捕鯨であり捕鯨の頭数もきちんと国際的に決められており、尊守しています。その事をまず考えるべきでしょう。

 

日本が海からの脅威にさらされているのは、大航海時代から何も変わっていません。

 

私たち日本国民はしっかりその事を意識しましょうよ。

 

尖閣の問題も又同じです。

 

私達の無関心が、先人が命を賭して守ってきた日本の財産を失わせるということに。

 

文化は廃れてしまったら残せません。

 

そこをもう一度しっかり考えてみる必要があると私は思います。

 

 

ブログランキングに参加しています。 

皆さんのクリックが大きな力になります。 

ポチお願い致します。m(_ _)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

|

« 領土を守る日本人たち | トップページ | 日本人に知らせない世界情勢 »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

田坂さんこんにちは。
東日本大震災時にも、ちょうど3人(だったと思います)のシーシェパードスタッフが仙台沖でイルカの調査?に来ていて、津波に巻き込まれています。
しかもその場で震災に逢った日本人が、スタッフたちを助け(彼らがシーシェパードのスタッフとは知らず)、食べ物を差し上げ、ホテルまで車で送り届けて名前も言わずに立ち去ったことを、スタッフの一人が後でアメリカのメディアに吐露したんです。
ですが、「我々は助けてもらったことには感謝するが、活動はやめない」とインタビューで答えていました。

インタビュアーも彼らに呆れていましたが、多くのアメリカ人も激怒して
「おまえらが日本人たちの代わりに犠牲になったらよかったんだ」「アメリカ人として恥ずかしすぎる。シーシェパードの活動は人として最低だ」「こんな奴らが助かったなんて、日本人に申し訳ない」「太平洋を泳いで帰ってくるべきだったんじゃないのか。大好きなクジラに助けてもらったらどうだ!」など多くの意見が寄せられていました。

アメリカ人の知識者層から害虫のように嫌われているシーシェパードですが、ビジネスとして考えている最低なアメリカ人や鯨保護に敏感なオーストラリア。
アメリカでは昨年、クジラを救う映画が作製公開され、クジラが如何に知能哺乳動物かというテレビもよく流れています。
特に、それに便乗する反日の韓国系オーストラリア人、韓国系アメリカ人、本国韓国人などがシーシェパード擁護者として多い事実を、日本人全員が知って欲しいです。

投稿: Yuna | 2012年5月22日 (火) 21時10分

yunaさん、コメントありがとうございます。

細かい事までは書きませんでしたけれど、
少なくとも国家としてテロに屈してはいけないのです。
シー・シェパード擁護者や擁護国家に対しては、
しっかりとしたメッセージを発信しなくてはいけません。
私も発信を続けたいと思っています。

投稿: tomiyo | 2012年5月22日 (火) 21時55分

ワトソン船長が独で逮捕されたというニュース。
報道ステーションでは船長がHPで募金を募っていることを
わざわざHPの映像まで紹介するご丁寧さでした。
テロの種類も様々です。
賢く強く真実を追究していきましょう!
日本を愛する皆さんを応援しています。

投稿: 撫子 | 2012年5月27日 (日) 13時34分

撫子さん、コメントありがとうございます。
流石、テロ支援局ですね。
憤りを覚えます。

投稿: tomiyo | 2012年5月28日 (月) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 領土を守る日本人たち | トップページ | 日本人に知らせない世界情勢 »