« 憲法記念日に考える地方自治法 | トップページ | 結局国を守るのは自国民です »

端午の節句

ブログランキングに参加しています。 

皆さんのクリックが大きな力になります。 

ポチお願い致します。m(_ _)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

今日はこどもの日、国民の祝日です。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO178.html

祝日法第2条によると、

こどもの日 五月五日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日なのだそうです。

でもタイトルは「端午の節句」にしました。

こだわりがある訳じゃないのだけれど、

5月5日は男の子の日のイメージなんですよね。

端午の節句といえば『鯉のぼり』です。

私、唱歌の鯉のぼり、大好きなんですよね。

歌詞

甍(いらか)の波と 雲の波
重なる波の 中空(なかぞら)を
橘(たちばな)かおる 朝風に
高く泳ぐや 鯉のぼり

開ける広き 其の口に
舟をも呑(の)まん 様見えて
ゆたかに振(ふる)う 尾鰭(おひれ)には
物に動ぜぬ姿あり

百瀬(ももせ)の滝を 登りなば
忽(たちま)ち竜に なりぬべき
わが身に似よや 男子(おのこご)と
空に躍るや 鯉のぼり

男子、がんばれっ!

そんなエールを送っているような歌詞です。

女は女としての辛さもあったりするんですけれど、やっぱり男の方は大変ですよ。

男の社会の中で突っ張って、カッコつけて生きなきゃならん。

でも小さな鯉だって歯を食いしばって滝を登れば龍になれるのだし。

こういう応援歌、繋いでいってあげたいですねぇ。

鯉といえば、思い出すのは金太郎。

坂田の金時。

(銀魂ファンだからってわけじゃありませんよ。)

歌川国芳のこの絵です。

Kuniyosi

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%A4%AA%E9%83%8E

諸説あるようですけれど、私のイメージとしては金太郎って元気な男の子の象徴です。

かつては五月人形にも、「金太郎」がありました。

子どもの腹掛けも金太郎です。

今でも下田のお祭りには、金太郎の腹掛けをした赤ちゃんを見かけます。

とりとめのない「ひとりごと」ですけれど、

金太郎(日本男児)がんばれっ!

そんな想いの端午の節句です。

|

« 憲法記念日に考える地方自治法 | トップページ | 結局国を守るのは自国民です »

ひとりごと」カテゴリの記事

一個人として」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 憲法記念日に考える地方自治法 | トップページ | 結局国を守るのは自国民です »