« 謝罪 | トップページ | 北朝鮮の将来は »

消費税法案の影に隠れた闇法案

ブログランキングに参加しています。 

皆さんのクリックが大きな力になります。 

ポチお願い致します。m(_ _)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

B0169850_2235582

過去のエントリーにも書いたところですが、人権擁護法案というものへの確固たる反対は、日本国の将来にとって大変重要なことなので繰り返し訴えていきたいと思っています。

http://tomiyo.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-8412.html

またしても民主党がとんでもないことをしでかそうとしています。

菅直人元首相が退陣直前に、どさくさ紛れで朝鮮人学校の無償化をした時と同じです。

野田総理は消費税増税議論にまぎらわせて、先日閣議決定出来なかった「人権救済機関設置法案」を国会に提出しようとしているのです。

人権救済機関設置法案、20日閣議決定で調整 民主保守系反発、阻止へ

差別や虐待による人権侵害の是正を図るための人権救済機関「人権委員会」を法務省の外局として設置するための「人権救済機関設置法案」について、法務省が今月20日の閣議決定を目指し関係機関と調整していることが2日、分かった。同省は今国会での成立を目指すが、民主党保守系議員らは「人権侵害」の定義が曖昧で拡大解釈により憲法が保障する「言論・出版の自由」が侵害される恐れがあるうえ、消費税増税法案をめぐる党内の混乱に紛れて提出しようとしていると反発、閣議決定阻止に向けた動きを始めようとしている。

 産経新聞が入手した法案原案全文によると、人権委は国家行政組織法3条に基づく独立性の高い「三条委員会」と位置づけた。人権救済にあたる人権委員は衆参両院の同意人事とし首相が任命する。

 深刻な人権侵害がある事案については刑事告発できる強力な権限を与えた。当事者間の調停や仲裁を実施し、重大な人権侵害に勧告を行うことも盛り込んだ。

 人権擁護委員については日本国籍の有無については明確に触れておらず、かりに永住外国人に地方参政権が付与されれば、外国人も就任できるようになる余地を残している。

民主党は、政務三役や「人権侵害救済機関検討プロジェクトチーム(PT)」で法案の策定作業を進めてきた。野田佳彦首相も昨年9月の内閣発足時、平岡秀夫法相(当時)に重要政策課題として「新たな人権救済機関の設置」を指示、法務省は昨年12月に法案の概要を発表した。

 ただ、政府内には法案の閣議決定に消極的な意見が少なくない。民主党内の保守系議員も「消費税増税法案をめぐって党内が二分しているどさくさに紛れて法案を出そうとしている」と批判。4月上旬に党の法務部門会議で法案が審議されるとみて、党内手続きの阻止に向けて賛同者を呼びかけることにしている。

 同法案をめぐっては、法務省が自民党政権時代に「人権擁護法案」を策定した。しかし、自民党内で反対論が出て、断念に追い込まれた経緯がある。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120403/plc12040301100001-n1.htm

MSN 産経ニュース 全部引用)

この法案の問題点は簡単に言って、大きく二つあると思っています。

一つは人権擁護委員会が強力な権限を持つこと

1分14秒辺りから柴山議員の話を聞いていただくとよく解りますが、日の丸掲揚・君が代斉唱の強制も人権問題たりうるという現法務大臣の見解であります。

これでは国旗国歌法はないも等しくなってしまいます。

例えば、公立学校の式典で教育公務員が日の丸を引きづり下ろして、その非礼を父兄が咎めると、人権問題と言われてしまいます。

教員が日の丸を踏みつけても、燃やしても、その非礼を咎めると人権問題になってしまいます。

相手が悪意を持ち「人権問題だ」と救済を訴え、人権擁護委員会が「そうだ」といえば、それは即、人権問題になってしまう危うさがあるのです。

2つ目は反日外国人が人権擁護委員になるかもしれないこと

民主党が推し進めている外国人参政権認められると、この人権擁護委員に日本国籍のない外国人が就任する可能性も出てくるのです。明らかに日本国の主権を侵すもので憲法違反でもあるのです。司法以外にその特権を行使できる組織を作るから裁判も弁護士もなし。

そして被差別者の烙印を押されるのです。

「人権利権!」と叫びたくなるような事態が容易に想定されます。

同法案をめぐっては、法務省が自民党政権時代に「人権擁護法案」を策定した。しかし、自民党内で反対論が出て、断念に追い込まれた経緯がある。

先のニュースに上記のように記載されていますが、法務省が繰り返しこの法案をだそうとする意味はいったいなんなのでしょうか?

法務省は治外法権国家を作りたいのでしょうか?

この事の始まりを調べていたらこのような記事に行き当たりました。

http://www5.ocn.ne.jp/~iranka/hoan.html

やはり当初は同和問題が密接に関係していたのですね。

現在は外国人、とりわけ在日韓国朝鮮人にシフトしている感があります。

「人権救済機関設置法案」は人権を大切にする法律です。 

YESですかNOですかと二択で問われれば、答えはYESになってしまいます。

「あなたの人権」といわれると、誰もが「それは、大事」と罠に陥ってしまいます。ですが国家の概念で肝心なのは、「個」を超えた「総体」にあるという事です。

ですがこの人権救済法案は個人主義になってしまうものなのです。

そしてその肝心な人権の定義がとても曖昧なのが大問題なのです。

あなたの発言は人権侵害ですといきなり人権委員が訪問 逮捕 裁判もせず処罰。

日本国憲法の基本の三権分立さえまともに守れない特殊な法案なのではないでしょうか?

軍隊の「統帥権」に似た危うさを含み、時の政権が気付きさえすれば、悪用し放題。

悪用しようとすればナチス並に国民を言論統制が出来る法律です。

誰もが「自分の人権は守って欲しい、守られて当然」と思うものですが、この法律はその対象となるのは「あなた」ではなく「彼ら」なのです。

過去の自民党政権時代に法務省が出してきたものと比べ、今回提出されるものは、民主党の売国体質が如実に反映された売国法になっています。

戦後占領軍から押し付けられた平和憲法と同時施行の地方自治法、GHQに作られた日教組による反日教育によってもたらされた、日本沈没の最終シナリオと言っていいかも知れません。

「人権」という甘い言葉に決して惑わされてはいけません。

「人権救済機関設置法案」の目指すところの人権は、日本人ではなく外国人の人権なのですから。

あなたの人権ではありません。彼らの人権です。

これは日本人が差別される悪法なのです。

私 田坂富代は 「人権救済機関設置法案」に絶対反対です!

Images

ブログランキングに参加しています。 

皆さんのクリックが大きな力になります。 

ポチお願い致します。m(_ _)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

|

« 謝罪 | トップページ | 北朝鮮の将来は »

一個人として」カテゴリの記事

地方政治・地方自治」カテゴリの記事

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

たさかさん。
永田町「民主党」本部前座り込み抗議166日目になる4月4日に、
小野寺まさる道議が応援に来てくれたんだ。
そして彼も、「人権擁護法案」の危険性を訴えていたんだよ。
その時の様子が、少しだけどUPされています。
ぼくのブログにも載っているからね。
「人権擁護法案」、絶対阻止しなくちゃいけないよね。
ぼくらの仲間もみんな、それぞれに出来ることを頑張っています。
たさかさんもがんばって下さい。応援していますからね。

投稿: kazuy1929 はに丸 | 2012年4月 5日 (木) 15時47分

たさかさん。
いまぼくらは、「人権救済機関設置法案」をなんとか阻止したいなって思って、
「人権救済機関設置法案反対ツイッターデモ」をやってみることにしたんだ。
4/13(金)22時にハッシュタグ「 #人権救済機関設置法案反対 」を付けてツイッターでつぶやいたり、そのツイートをリツイートするだけの簡単なものなんだよ。
これで少しでも、みんなの関心が高まればいいなーって考えているんだ。
ぼくたち、個人々の出来ることって限られてるよね。
それでもぼくらは、まだまだがんばるぞー!

投稿: kazuy1929 はに丸 | 2012年4月11日 (水) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 謝罪 | トップページ | 北朝鮮の将来は »