« 危機管理と無能民主党 | トップページ | 国土防衛意識と尖閣諸島 »

北朝鮮の資金源

ブログランキングに参加しています。 

皆さんのクリックが大きな力になります。 

ポチお願い致します。m(_ _)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

Img_849744_27212022_1_476x443

北朝鮮のミサイル問題や核施設問題で過去からずっと気になっていることなのですが、その資金はいったいどこから出ているのでしょうか?

国民が飢えで苦しみ命を落とす国なのに…

そういえば10年くらい前になるでしょうか、朝鮮総連傘下の朝銀信組が架空融資で裏金を捻出して送金していた経緯があり、これが不良債権になって問題化したとき、日本政府が投入した公的資金総額は14千億円余でした。

この時に北朝鮮にどれだけのお金が流れたのかは解りませんが、相当な額が流れ軍事費に流用され、核開発や武器購入に使われたと見てよいでしょう。

この14千億円の公的資金購入は、日本国民が収めた血税からでした。

http://chogin.parfait.ne.jp/

このHPQ&Aが比較的よくまとまっていると思います。

今一番の北朝鮮の資金源といえばパチンコマネーです。

パチンコは現金商売で本当の売上を掴むことは出来ません。しかも特殊景品という名目で景品を古物商に売って現金化する三点方式という事を導入しています。

事実上のギャンブルなのにギャンブルでないとされているところに闇を感じます。

在日のパチンコ利権にそろそろ日本政府も手を入れるべきでしょう。

賭け事の収益が日本の基幹産業の自動車業界と双璧と言うことが異常なのです。

アメリカ議会でも問題に成っている様にその資金の流れが余りにも不明朗であり

総連を通して北朝鮮に流れている事は明白な事実です。

B9281632_640x480

パチンコと在日韓国・朝鮮人の関係

パチンコ産業は在日韓国・朝鮮人の割合が高く[58]、韓国の中央日報によれば、日本に約160007000店ほど存在するパチンコ店の経営者に占める割合は90%である[59]20102月現在の店舗数は11600店程度に減少している)。パチンコチェーン店マルハン韓昌祐会長は、2005にテレビ番組のインタビューで、「現在日本にあるパチンコ店の約7割が在日韓国・朝鮮人による経営」という見解を示した。また、『AERA』(2006213日号)では「全国のパチンコ店オーナーの出自の内訳は、韓国籍が50%朝鮮籍3040%、日本国籍、華僑が各5%」としている[61]。また、2008110日のハンギョレの記事ではパチンコ業界の6割が在日韓国・朝鮮系としている[62]。また、別冊宝島『嫌韓流の真実』の野村旗守の記事によると、1949年に全国で5千店しかなかったホールが、3年後に4万店以上に激増し凄まじいブームが起き、はじめの頃は日本人経営者が多数派であったが、加熱し過ぎた射幸心を抑制するとの理由で1954年に「連発式パチンコ機の禁止令」を施行されてから、日本人業者の多くが撤退して、規制後は7割を在日が占めるようになり、この比率は現在も変わっていないという。

民団傘下の「在日韓国商工会議所」では、所属する1万社のうち約7割がパチンコ業に係わっており[63]韓国民団朝鮮総連の幹部、団員に多数のパチンコ店経営者、関係者が存在するため、日本公安警察はパチンコ業界が韓国民団、朝鮮総連の資金源と見ている

北朝鮮の資金源 [編集]

自民党の武藤嘉文外務大臣1993の国会答弁にて「パチンコの金が何千億と北朝鮮に行っている」と述べている]。各メディアにおいても北朝鮮送金問題に関して北朝鮮の資金源として、朝鮮総連に関係するパチンコ業界があるのではないかと言われ、韓昌祐は「パチンコ経営をしている北朝鮮に忠誠を誓う在日韓国・朝鮮人は、その収益を北朝鮮へ送金していることは確実である」と述べている]AP通信ではパチンコで負けた損失が北朝鮮の核開発に流用されている可能性を危惧するパチンコファンの声や、「ドラッグとともにパチンコの収益が北朝鮮政府や軍の手に渡っている」とする宮塚利雄の見解を伝えている

朝日新聞20116月7朝刊15面記事によると、90年代半ばに売り上げ30兆円・店舗数18000店は、2010年までに売り上げ20兆円・店舗数12000店の3分の2に激減しており、2011年現在のパチンコ店経営者の国籍は、韓国5割、日本3割、中国台湾1割、朝鮮北朝鮮)籍が1割であるとされ、外国人による営業が賭博としての違法性を疑われるパチンコ営業の多数派を占めている。

Wikipedia 一部引用)

パチンコには大きな問題を内包しながら、放置されてきた経緯があります。

例えば、パチンコ依存症、幼児の車内放置での熱中死、脱税等があげられますね。

三丁目の夕日に出てくるような手打ちのパチンコは庶民の娯楽であったと思いますが、(実際お父さんがパチンコのあと持って返ってくるお菓子は、子どもにとって楽しみの一つでした)

現在のパチンコは依存症まで引き起こす極めて危険な賭博という認識をすべきです。

台湾や韓国では法律で禁止されているのです。それを放置したまま巨額のお金を集めるパチンコ業界、そしてそれに群がるマスコミや政治家。

ゴールデンタイムで「総合ミューズメントセンター」と喧伝しつつパチンコのCMやるのは倫理的にどうなのでしょうか?タバコや酒のCMよりもよほどタチが悪いのでは?

子どもに人気のアニメを使って「あなたと合体したい」とか。

最初観たときは真剣に目が点になりました。え?こんなCMが放送OKなの?と。

それから後も人気アニメのパチンコ台をどんどん宣伝していますよね。

一見番組宣伝のようで遊技台の紹介。これを観て育った幼児はどう思うのでしょうか?

マスコミ総動員の刷り込みです。深夜に芸能人パチンコ大会のような番組までやっていますよね。

賭博は違法なのにパチンコは合法だという根拠をどなたか教えて下さい。

さて政治はどう動くのでしょうか?このままずっと放置するのでしょうか?

私は国家が介入して新規店を無くし、公営ギャンブルを立ち上げたほうがまともになると考えています。今のような灰色のまま60年以上放置されているということが異常なのです。

現在のパチンコは娯楽ではありません。賭博です。

さて今回北朝鮮がロケット打ち上げにかかった費用はいったい如何ほどなのでしょうか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120414-00000018-cnn-int

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120413/kor12041318290034-n1.htm

どうやらミサイル発射の経費は690億円余であったようです。

どのニュースを見ても、「国民が切実な食糧難に直面する中で、多額の経費が兵器開発に投じられている」という北朝鮮政府に対する非難なのですが、そもそも北朝鮮に兵器開発するだけの資金を生みだす産業はないのです。ましてや経済制裁を受けている中です。

北朝鮮が兵器開発や核関連施設を維持できるのは外貨があるからで、それは前述のとおり日本から流れている資金がかなり多いという事実なのです。

日本は海外からは自らを脅かす国のために、せっせと資金提供をしている愚かな国とみられているのではないのでしょうか?

一昔前ならテロ支援国家と言われかねないところでしたね。

ところで豆知識。北朝鮮と韓国は戦争中ですが、日本ではもう統一されたのと同様なのは御存知ですか?北朝鮮籍の人間が韓国籍に簡単に変えられるのです。

http://www.mindan.org/soudan/soudan_02.php

民団のQ&Aを御覧ください。日本国内では北朝鮮も韓国も簡単に国籍を行き来出来るのです。

つまりそれはどういうことか・・・言わなくても解りますよね?

そういう反日の意思を持った人間が日本に帰化して議員になっている事実があるということだけ頭に入れておいてください。

ブログランキングに参加しています。

皆さんのクリックが大きな力になります。

ポチお願い致します。m(_ _)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

|

« 危機管理と無能民主党 | トップページ | 国土防衛意識と尖閣諸島 »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 危機管理と無能民主党 | トップページ | 国土防衛意識と尖閣諸島 »