« 緊急拡散希望 日本海の名称を変えさせる韓国人のロビー活動を阻止しましょう | トップページ | NHKの日本破壊 »

日本の技術の海外流出をなぜ止めない?

ブログランキングに参加しています。

皆さんのクリックが大きな力になります。

ポチお願い致します。m(_ _)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120423-00000027-reut-bus_all

特別リポート:中国で「第二の人生」歩む、日本の熟練技術者たち

ロイター 423()1144分配信

[東莞(中国広東省)/東京 23日 ロイター] 1980年代の日本企業の世界的な躍進を支えた日本人技術者が、中高年期になって経済が高成長する中国に渡り、「第二の人生」を歩むケースが目立ち始めている。(一部引用)

日本の技術が海外へ流出しているという記事なのですが、これは今に始まったことではありません。この記事でも触れているように日本からの技術の流出が始まったのは20年ほど前からで、韓国のサムスンや現代自動車を見てもわかるように、日本の基幹技術の技術者をヘッドハンティングで引き抜き、その技術を取得し製品を作っています。私の過去のエントリ「ものづくり日本」でも取り上げたのですが、人を育てる経費がかからない分安価で販売でき、サムスンは国際競争の覇者になりました。

http://tomiyo.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-d349.html

「自分の取得した技術を誰かに伝えたい」という技術者としての思いと、「定年を過ぎ年金がもらえるまでの働き場所が欲しい」という現実の生活、この2点が日本のものづくりを支えてきた技術者の海外流出を加速させています。

ではそれについての政府の認識はどうなのだろう?霞が関は何をしているのだろうか?という素朴な疑問が湧いてきました。

答えは考えるまでもなく、全くの無策なのです。

この記事で取材を受けた経産省の役人は「

日本側から見れば、新興国に日本が長年培った技術をフリーライド(ただ乗り)されている。これは当然問題だと指摘した」ようでありますが、それだけなんですよね。何をどうすれば防げるのかその方策すら出さない。

霞が関のお得意で、こんなものは作るんですよ。

http://www.meti.go.jp/topic/downloadfiles/091120/21.pdf

http://www.meti.go.jp/press/20090501004/20090501004-2.pdf

http://www.jpo.go.jp/shiryou/toushin/chousa/pdf/zaisanken/2010_17.pdf

いまのところ単なる冊子を作って終わっているのだと思います。

このままでは流出は止まることはありません。それでなくても大手日本企業がリストラしたり、定年から年金を貰えるまでの空白期間を埋めなければならないのですから。

現在定年65歳制を推進していますが、年金受給が70歳からと変更されたら、その5年間はどうやって生活せよ?と言うのでしょうか。

そりゃぁ、技術者だって自分の技術を認めてもらい、高いお金で雇ってくれるとなりゃあぁ心は動くでしょうよ。飯は喰わなきゃ生きていかれませんもの。

ですからこの記事の技術者を責める事は誰にも出来ません。

自分が行なっていることは日本の未来への間接的な毀損行為であるとしても。

昔の言葉で武士は食わねど高楊枝という言葉があります。

名誉を重んじる武士は、貧しくて食事がとれない時でも満腹を装って爪楊枝を使うことなのですけれど。この言葉を見栄っ張りだと捉える方もいますが、私はそう解釈はしません。

武士道の精神を語ったものだと思っています。

いつの頃からか終身雇用制度が崩れ始めて、派遣が主流になり、忘れ去られていますが、あなたを育てたのは会社であり、会社を育てたのはあなたなのです。

誰だって最初はずぶの素人。会社が教育して育てたからこそ、技術者として腕を磨く事が出来たという事を忘れてはいませんか?

もの作りの技術者さんにこれだけは伝えたいと思います。

誇りを持って仕事をしてくださいと。

政治家も同様です。日本という国に誇りが無ければやってはいけません。

奇しくも本田宗一郎氏のこういうエピソードがあります。

1994/09 PHP

研究所 邱永漢・渡部昇一『アジア共円圏の時代―さらばアメリカ』p.86より該当部分を引用 

 昔、本田宗一郎さんが私の家に来て食事をごいっしょしたことがありました。そのとき、「本田さんのところでは、外国に何軒、工場がありますか?」と尋ねたら、「三五軒」とおっしゃったように記憶しています。そして、「その中で、一番うまくいっているところはどこですか?」と尋ねますと、「台湾」とお答えになり、「台湾に行くと、台湾の人がみんな、私に『こうやって自分たちが仕事をやれるのは、本田さんのお蔭です』と言って。ものすごく丁重に扱うのです。ですから、胸に一物もっていても言い出せない」とおっしゃいました。この本田さんの言葉は、日本と台湾の関係を象徴しているように思います。

 ちなみに、一番具合の悪かったところはどこですかと、本田さんに尋ねましたら、「韓国」とおっしゃった。「どうしてですか?」と尋ねると、「向こうへ行って、オートバイを作るのを教えた。それで、一通りできるようになったら、『株を全部買いますから、帰ってくれ』と言われた。『どうしましょうか』と下の者が聞いてきたから、『そんなことを言われるところでやることはねえよ』と言って、金を返してもらった。その翌日に朴正煕が殺されたんだ」とおっしゃった。

20060610182637_450x306

これは単なる本田氏のエピソードでは無く、ご術者としての「誇り」の精神部分が吐露されているものだと思います。

日本のものづくりの技術を外国に出さないことが今の日本の国防でもあるのです。

現在ただでさえ武力で非力な状況に置かれているのに、このまま技術者を外国に出し続けていったら日本の国力はあっという間に低下してしまいます。

日本が世界の中での確固たる地位を築いてこられたのは、日本人の勤勉さと辛抱強さに裏打ちされた技術開発能力だったはずです。

日露戦争後アメリカはオレンジ計画で日本を軍事的に壊滅させました。ソビエト崩壊後は日本とドイツを経済的脅威だとして、現在はTPPで息の根を止めようとしています。

そんな非常時にに呑気に技術者を海外に出しているなんて、正気の沙汰じゃありません。

日本のものづくりを支えてきた人をきちんと評価し、生涯現役で働いてもらえるような政策を即刻やるべきなのです。

なんのために日本に参院衆院と多数の国会議員がいるのでしょうか?

それは日本の国と、日本国民を護るためなのではないのでしょうか?

このまま何もせず、技術者の海外流出を止めもしないでいるとしたら、国会議員自らが、国家公務員自らが日本という国を売っているとしか思えませんけれど。

あなたたちは誰のために、何を見て仕事をしているんですか?

今団塊の世代と言われる年齢の方がどんどん定年退職になっています。

この世代が日本で一番誇りを持ち合わせる事が出来なかった世代です。戦後の自虐教育に加えて学生運動で革命を夢見た世代。日本を憎悪することで自我を保っていた世代。

米ソの冷戦時代に学生時代を過ごし、マルクス・レーニン主義の啓蒙で洗脳された自称インテリ世代。与野党の政治家でもいますよね?誰とは言いませんけれど。

そういう人に「日本の誇り」についてもう一度再考していただきたいと思っています。

誇りを持ちましょうよ。技術者も政治家も。

短期的な視点では無く長期的な視点を持って行動しましょうよ。

今日本という国で生きている私たちの使命は次の世代へのバトン渡しなのですから。

命を繋ぐという事は国を護るという事なのです。

O0640042411145149606_640x424

ブログランキングに参加しています。 

皆さんのクリックが大きな力になります。 

ポチお願い致します。m(_ _)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

|

« 緊急拡散希望 日本海の名称を変えさせる韓国人のロビー活動を阻止しましょう | トップページ | NHKの日本破壊 »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

私にもサムスン電気への求人の紹介がありました。
http://ameblo.jp/superfine009/entry-11225168950.html

私は部品メーカーの開発部に勤めていますが、現状の給料より高い条件で採用したいとか。韓国の国策ともいえる技術者買いはデフレ日本を直撃していると思います。

確かに、将来の分からない今の日本にいるよりも、高く買ってくれるならば、韓国でもどこでもいって稼いだ方がいいと合理的に考えなくもないですね。今の会社での将来のキャリアも何となく見えてますし…。

それは技術者の誇りという問題を越え、背に腹は代えられない自分の生活の為でもあります。それを責めることはできるでしょうか。出来ないですよね。

そんな閉塞的な空気をなんとか打ち破りたいと思っていますが…、いわゆる保守系政治家はこのような労働問題等に疎くはないでしょうか?

投稿: 喜怒哀楽 | 2012年4月24日 (火) 01時10分

 欧米のメーカーはどのような対策をしているのか興味があります。
 しかしながら、日本企業が技術者をリストラしまくっている現状では、この流れを止めるのは難しいのかもしれません。

 私は韓国に住みたいなんて露とも思いませんが、日本のマスコミが「素晴らしい韓国」「楽しい韓国旅行」を喧伝しまくっているし。

 個人的には、JICAか何かの、農業ボランティアも腹立たしいです。
 サムスンはまだ金で釣っていますが、高齢者向けの農業ボランティアなんてタダで技術流出しまくって「いいことをした」って気持ちになっているし。
 

投稿: 熊子 | 2012年4月25日 (水) 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 緊急拡散希望 日本海の名称を変えさせる韓国人のロビー活動を阻止しましょう | トップページ | NHKの日本破壊 »