« 昭和の日に寄せて | トップページ | 憲法記念日に考える地方自治法 »

理屈で国が守れるか!

ブログランキングに参加しています。

皆さんのクリックが大きな力になります。

ポチお願い致します。m(_ _)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120428-00000504-san-soci

沖ノ鳥島は「島」 大陸棚拡大認定 国連委が勧告

 200カイリを超えて海底資源の権益を主張できる大陸棚の拡大について、政府は27日、国連の大陸棚限界委員会が日本の国土面積の約8割に相当する計31万平方キロの拡大を認める勧告を採択したと発表した。日本が同委員会の勧告を受けるのは初めて。

 政府は、日本近海の海底にメタンハイドレートやレアメタルなどの海底資源の存在が確認されたことから、平成20年11月に7海域(計約74万平方キロ)で大陸棚の延伸を申請していた。

 延伸が認められたのは、沖ノ鳥島を起点とした「四国海盆海域」のほか「小笠原海台海域」「南硫黄島海域」「沖大東海嶺南方海域」の4海域。南鳥島や八丈島周辺の海域は陸続きになっていないと判断され、認められなかった。

 沖ノ鳥島をめぐっては、中国と韓国が「岩であり大陸棚は設定できない」と反発している。同委員会は、同島の北側に続く「四国海盆海域」の延伸を認めたことで、事実上、同島を「島」と認めた形だが、一方で同島の南に広がる「九州パラオ海嶺南部海域」の勧告は先送りとした。

 政府は認められなかった海域を再申請するか、勧告を受け入れるか判断する。

(産経新聞428()811分配信 

全部引用)

4281

4282

勧告を受け入れないと延伸を認められた部分を取り消すということがない限り、認められなかった海域は再申請ですよね。

しかしいくら国連が認めたといっても、沖ノ鳥島を狙っている中国がその侵略の手を緩めるとは思えません。

中国は2004年から沖ノ鳥島をEEZが設定できない「岩」だと主張し、それ以降、何度となく軍事演習などを繰り返してきました。

そういえば2004年に立ち上がったのもこの男でした。

4283

4284

「こうあるべきだ」「こうすべきだ」

議論も必要ですが、議論をしたらまず実行でしょう。

いくら崇高な考えを述べたところで、行動が伴わなければ糞の役にもたちません。

石原都知事の行動は、私の生涯師「相馬雪香先生」に学んだ行動学そのままです。

私は断固石原慎太郎という政治家を支持します。

中国にとっての沖ノ鳥島は単なる海洋資源の魅力だけではなく、第1列島線と第2列島線の中間に位置する、軍事的にとても重要な場所になっています。

それは過去の軍事演習を見ても明らかです。

そんな重要な海域を、日本の現在の海上自衛隊・海上保安庁で護ることができるのでしょうか?

どう考えてもできるわけがありませんよね。

攻撃されてから初めて自衛できる自衛隊では無意味なのです。国防軍(軍隊)が無ければ日本の国境は守れません!

一刻も早く日本の領海を守る法体制を整えなければなりません。

ニュースには取り上げられないのですけれど、自民党ではしっかりこういう議論をしているんですけれどねぇ…悲しいかな、野党なんですよ。でも与党のうちは放置していたとういうのは自民の罪でもあるのだけれどねえ。問題先送りは何の解決にもならないと学びましょうよ。

結局は私たち一人ひとりの国民が、国を護るということをしっかり考えて行動していかなくてはならないということです。

自分の国は自分たちが護る。この当たり前のことをもう一度考えないと。

そして現行制度の中で、どこの政党(どの政治家に)に思いを託すべきなのか、しっかり見極める必要があります。

私は自民党所属の地方議員ですけれど、自民党の全てを良いとは思っていません。

民主党に比べると愛国の度合いが高いし(もちろんとんでもない売国議員もいます)議員個人の資質を見て尊敬できる議員、応援したい議員が自民にはたくさんいます。

だからこそ本当の意味での新生自民党として、日本人の日本人のための保守政党であって欲しいと願っています。

平成24427日、自民党は「憲法改正草案」を発表いたしました。

http://www.jimin.jp/activity/colum/116667.html

(前文)

国民主権、基本的人権の尊重、平和主義の三つの原則を継承しつつ、日本国の歴史や文化、国や郷土を自ら守る気概などを表明。

(第1章 天皇)

天皇は元首であり、日本国及び日本国民統合の象徴。国旗は日章旗、国歌は君が代とし、日本国民は国旗国歌を尊重しなければならない。

(第2章 安全保障)

平和主義を継承し、自衛権を明記し、自衛隊を国防軍に。

国は主権と独立を守るために、領土、領海、領空を保全し、その資源を確保する。

日本国憲法改正草案(全文)

http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf

鍵がなければ泥棒は入る。かけよう鍵を、国防軍(軍隊)で。

<

ブログランキングに参加しています。

皆さんのクリックが大きな力になります。

ポチお願い致します。m(_ _)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

/p>

|

« 昭和の日に寄せて | トップページ | 憲法記念日に考える地方自治法 »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

応援せざるを得ません、伝統あるこの国を守りましょう!

投稿: airsus | 2012年5月27日 (日) 23時35分

airsusさん、コメントありがとうございます。
この国を守るために、憲法改正も一緒に考えましょう。

投稿: tomiyo | 2012年5月28日 (月) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昭和の日に寄せて | トップページ | 憲法記念日に考える地方自治法 »