« いき過ぎた反日教育の結果 | トップページ | 国旗を背負う意味 »

国家と領土

ブログランキングに参加しています。 

皆さんのクリックが大きな力になります。 

ポチお願い致します。m(_ _)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

中国軍幹部が衝撃発言!日本の領土尖閣を武力で強奪

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20120315/frn1203151137000-n1.htm

とても大変なニュースだと思います。

中国が尖閣列島に牙を剥き出してきました。

中国人民解放軍の羅援少将が中国のテレビ番組で「尖閣の領有権を主張し、尖閣での軍事演習を計画」と。

領土問題を単なる歴史の問題だと思ってる人がいますが、そういうことではありません。

中韓ロシアは正当な領有権なんかないことを承知で、それでも日本の領土を奪いに来ているのです。

60年以上、支配権を奪われている北方領土は今現在どうなりましたか?

李承晩ラインで韓国に不法占拠されている竹島は今現在どうなりましたか?

中国も、それと同じことをこれから日本に行おうとしているのです。

領土に関して詳しいことを知る人間が少なくなってきた今というタイミングを見計らって、強硬な態度に出るようになってきたのです。

これは領土問題に関してずっと消極的な態度を取り続けてきた日本政府の責任です。

現政権の民主党もそうですが、自民党にも大きな罪があります。

明確な態度を示して来なかったからこそ現在の歪みが起きているのです。

実力行使に出られながら「領土問題は存在しない」と竹島に言いつづけ、今度は尖閣にも同じ事を。

「我が国に領土問題は存在しない」と。

他国が領土を不法に占拠しようとしても、日本は決して強い態度に出ることはない。

これはすでに北方領土問題や竹島で明らかになっています。

韓国にやらせ放題にしたツケが尖閣問題で回ってきているのではないでしょうか?

例え奪うことができなくても、共同で管理することになれば、元の状態から考えれば十分得をすることになります。

中国が共同で資源の開発をしましょうと言って来てるのはそういう意味なのです。

あと日本が積極的に国民の血税を使い中国からの留学生を受け入れている現実。

国防動員法 中华人民共和国国防动员法 という中国の法律の観点から考えると、人民解放軍戦士の導入を日本自らがしているという事になります。

日中友好、日韓友好というのも必要でしょう。

しかし友好というのは片方が一方的に相手を受け入れることではありません。

現在の状況では決して対等で無いどころか、一方的に日本が汚されていきます。

日本に何十年も住んでいて「韓国籍」「朝鮮籍」でいる人を優遇する必要などありません。

特別永住権というもの自体考えなおし、他国の人と同様に扱うべきだと思います。

彼らの意思であえてそうしているのですから。

何故朝鮮学校を無償化しなければいけないのでしょうか?

民族教育をしたければ自分のお金でやるべきであって、日本は無関係です。

どの国も外交にははったりが重要なことを理解しています。

日本相手ならどんな荒唐無稽な要求でも、言ってみてて様子を伺うという言わば綱引きです。

その綱引きの手を緩めてしまったのが現在の中国と韓国です。

民主党政権がきっぱりと「尖閣諸島は日本の領土である」と宣言した上で自衛隊駐屯などを考えなければ中国の思い通りになってしまうでしょう。

弱肉強食の国際外交には弱腰の対処はありえないのです。

中国の妄言を放って置くと次は沖縄、その次は九州となるでしょう。

日本はこの件で決して引いてはいけないのです。

ブログランキングに参加しています。 

皆さんのクリックが大きな力になります。 

ポチお願い致します。m(_ _)m

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

|

« いき過ぎた反日教育の結果 | トップページ | 国旗を背負う意味 »

一個人として」カテゴリの記事

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

ヒゲの隊長、たさかさんの心意気に応えて下さっているかのようです。

「グーグルの竹島表記、容認できぬ」
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012031600462

投稿: デルタフォース | 2012年3月16日 (金) 21時13分

こういう記事をアップすると、圧力・・・言論統制を強いてくる自民党員もいそうな気がしますが負けないでください。公認欲しさに中韓に対して明確な姿勢が示せないでいる物乞い党員も地方にはいます。某山梨地方。

おっしゃるとおり、中国は尖閣に領有権があるとは全く思っていません。
力で取ればそれが正義です。それが中国。石平さんが解説してくれています。

http://www.youtube.com/watch?v=P4Inhj986AE&feature=player_embedded

投稿: 雪華 | 2012年3月17日 (土) 08時37分

デルタフォースさん、コメントありがとうございます。
佐藤正久先生には、心より期待をしております。
どうか日本のために…そう思わずにはいられません。

*****

雪華さん、コメントありがとうございます。
石平さんの動画、見せて頂きました。
尖閣のデモに参加した時の、石平さんの熱い想いのこもった演説を思い出しました。

投稿: tomiyo | 2012年3月17日 (土) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いき過ぎた反日教育の結果 | トップページ | 国旗を背負う意味 »