« 日本って酷い国なんだ…そう教える教科書 | トップページ | これが民主党、今更だけど大嘘つきめ! »

建国記念日に寄せて (追記)

2102

数日前に撮影した下田市役所の国旗。

新調したんですよw

2月11日、今日は建国記念日です。

Wikipediaによると…

「建国記念の日」と定められた211日は、かつての祝祭日のひとつ、紀元節であった。紀元節は、『日本書紀』が伝える初代天皇である神武天皇即位の日として、1872年(明治5年)に制定された[1。この祝祭日は、1948年(昭和23年)に制定された国民の祝日に関する法律附則2項で、「休日ニ關スル件」(昭和2年勅令第25号)が廃止されたことに伴い、廃止された。

紀元節復活に向けた動きは、1951年(昭和26年)頃から見られ、1957年(昭和32年)213日には、自由民主党の衆議院議員らによる議員立法として「建国記念日」制定に関する法案が提出された。しかし、当時野党第一党の日本社会党が「建国記念日」の制定を「神武天皇即位の年月は、歴史上、科学的に根拠が薄弱であり、今後学問的検討を待って決定すべきではないか」「過去において、神武東征の物語りが、征略国家として支那事変、大東亜戦争において利用され、偏狭なる忠君愛国の教育とも相待って、日本の進路を誤まらせたものではないか」などと批判し、「建国記念日」の制定が保守政党の反動的行為であるという理論を繰り広げて反対した為、衆議院では可決されたものの、参議院では審議未了廃案となった。

その後、「建国記念日」の設置を定める法案は、9回の提出と廃案を繰り返すも、成立には至らなかった。結局、名称に「の」を挿入した「建国記念日」として“建国されたという事象そのものを記念する日”であるとも解釈できるようにし、具体的な日付の決定に当たっては各界の有識者から組織される審議会に諮問するなどの修正を行い、社会党も妥協。1966年(昭和41年)625日、「建国記念の日」を定める祝日法改正案は成立した。

同改正法では、「建国記念の日 政令で定める日 建国をしのび、国を愛する心を養う。」と定め、同附則3項は「内閣総理大臣は、改正後の第2条に規定する建国記念の日となる日を定める政令の制定の立案をしようとするときは、建国記念日審議会に諮問し、その答申を尊重してしなければならない。」と定めた。当の「建国記念日審議会」は、学識経験者等からなり、総理府に設置された。約半年の審議を経て、委員9人中7人の賛成により、「建国記念の日」の日付を「211日」とする答申が1966年(昭和41年)129日に提出された。同日、佐藤内閣は「建国記念の日は、二月十一日とする。」とした「建国記念の日となる日を定める政令」(昭和41年政令第376号)を定めて公布し、即日施行した。

いろいろ論争もあるようです。

建国記念日って、国のお誕生日ですよね。

素直におめでとうございますで良いのではないかしら。

そもそも自分の誕生日だって母子手帳があったり親が言うから解るのであって、

境遇的に確かめようのない人もいるのですし…

お正月だってそう、大晦日が明けただけのこと。

旧暦で言えばまた違うのだしね。

決めたその日がお誕生日で宜しい。

私はそう思うのですけれど。

私達が住み暮らす日本の国に、今立っている国土に、

お誕生日おめでとうございますって言いませんか?

命を賭しこの国を守ってきてくれた方々に想いを馳せ、

ありがとうございますって言いませんか?

そんな事を思いつつ、地元の八幡様へご挨拶に行ってきます。

「お誕生日おめでとうございます、いつもお守りいただきありがとうございます」

ブログランキングに参加しています。 

皆さんのクリックが大きな力になります。 

ポチお願い致します。m(_ _)m 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

(追記)

神社本庁のHPのご紹介。

神政連のHPを見ていてふとリンクに目がいきました。

神社の参拝のしかた、知っているようで意外と知らない。

映像もありとても解りやすかったのでご紹介いたします。

http://www.jinjahoncho.or.jp/iroha/omairi/index8.html

建国記念日の今日、神社へご参拝された方も多いかと思います。

今一度確認して見ませんか?

中身も大切ですけれど「型」も大切です。

「型」から入ることによって、中身が整ってきます。

朝ごはんの前に神棚に、仏壇に手を合わせる。

こういう姿を見た時このお家は間違いがないと思いますし、

これをみて育った子どもは間違えようがない。

これが日本の家庭の有り様なのだと思います。

核家族になり神棚も仏壇もない家庭の方が多くなってきているでしょう。

それでも神棚・仏壇はなくとも手を合せ、見えないものへの感謝は何処にいてもできます。

今ここに在るのはご先祖様のおかげ。

この地をお守り頂いている神様のおかげ。

手を合わせるという「型」から感謝する心に繋がっていきます。

「人の道」とはそういうものだと私は思っています。

|

« 日本って酷い国なんだ…そう教える教科書 | トップページ | これが民主党、今更だけど大嘘つきめ! »

一個人として」カテゴリの記事

一社会人として」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
たさか様の一貫したご姿勢、守りたいものに対する深い思いに共感し学ばせていただいております。
紀元節について調べておりましたところ、偶然見つけた動画に胸が温かくなりましたので、失礼かと存じましたが貼らせていただきます。
戦前には誰もが知っていたという、GHQによって廃止された「紀元節の歌」だそうです。

http://www.youtube.com/watch?v=OdM4dK5wrm8&feature=player_embedded

投稿: なりとら | 2012年2月11日 (土) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本って酷い国なんだ…そう教える教科書 | トップページ | これが民主党、今更だけど大嘘つきめ! »