« 下田の歴史 私のルーツ その9 下田出身の儒者・中根東里 3 | トップページ | 下田の歴史 私のルーツ その10 開国とは1 鎖国政策の意義と江戸文化の成熟 »

開戦記念日によせて

=あくまでも一個人としてのひとりごと=

今日十二月八日は開戦記念日だったんですね。

日本男児たるもの深い眠りから目を覚ませ!(日本語間違ってる?)

今日一日の終りに、そんな言葉が心に浮かびました。

侍はずっと昔から、天皇を守り、国を守り、藩を守り、

一族を守り、家族を守って来ました。

武士道。道の精神性です。

茶道、華道、香道、剣道、柔道、等々、

みんな日本人の精神性が産み出した世界に誇れる文化です。

ペリー艦隊が日本にやってきた理由は、日本を植民地にするためでした。

圧倒的な武力の差で不平等条約を結ばされましたが、

明治維新を成し遂げた志士たち侍は命をかけて日本を守りきりました。

大東亜戦争に突入した時、侍の魂を持った日本男児は、

国を守るために、領土を守るために、

そして愛する人や家族をを守るために自分の命をなげだし戦いました。

美しい祖国は、おほらかな益良夫を生み、おほらかな益良夫は、

気高い魂を祖国に残して、新しい世界へと飛翔し去る。

私は誰にも知られずにそつと死にたい。

無名の幾万の勇士が大陸に大洋に散つていつたことか。

私は一兵士の死こそをこの上なく尊く思ふ。

海軍大将  溝口幸次郎命の遺書より抜粋

そして今、外的な圧力よりももっと憂う状況になってしまっています。

内部から日本人の魂が壊されていっているような気がしてならないのです。

お父さんが犬でも、お父さんたる男が怒らないですよね?

なんで怒らないのかな、なんで声をあげないのかな。

先人が命を賭して守ってくれた日本の国を、

後継した私たちが守っていくのは当然のこと。

貰って使ってハイ終わりじゃ、民主党の子ども手当と同じようなものじゃない?

日本男児よ、どうかその足でしっかり立ち、この日本という国を守ってください。

大和撫子はしっかりお支えしますから。

それが日本の文化の根源なんじゃないかな。

社会は男の方が回しています。

メディア問題も、今現実の社会の中で起こっていること、

男の方が気にしてくれなくちゃ、気にしたら行動を起こしてくれなくちゃ

どうにもなりません。

差別とかそんなことじゃないんだから。変なものは変と何故言えないの?

私は政治の場で一生懸命みなさまをお支えします。

どうか日本男児の皆さん、侍の魂を持って日々を送ってください。

命をかけて戦いに挑んだこの日によせて・・・

Fuji

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村  ← ポチお願い致します

|

« 下田の歴史 私のルーツ その9 下田出身の儒者・中根東里 3 | トップページ | 下田の歴史 私のルーツ その10 開国とは1 鎖国政策の意義と江戸文化の成熟 »

ひとりごと」カテゴリの記事

一個人として」カテゴリの記事

コメント

男は男。

弱い女を守るのが男。

今後も男らしく生きよう!

投稿: たむたむ | 2011年12月 9日 (金) 06時18分

たむたむさん、コメントありがとうございます。
意地はって生きる男を支えるのが女。
(意地はって生きてる私、男化してのかも・・・汗)
今後も女らしく生きていきたいです。

投稿: tomiyo | 2011年12月 9日 (金) 06時39分

文章中に散りばめられた「日本」のキーワード、

茶道、華道、香道、剣道、柔道、侍。

全て韓国発祥なんですよ?・・・・と、かの国は主張しています。
他にも忍者から霜降り和牛、ソメイヨシノまで。

日本人には大笑いでも、あちらは大まじめに日々世界に
それを発信しています。幾らかは定着しちゃうでしょ。
日本が本腰を入れて否定しない限りは。

そのうち「日本書紀」も韓国発祥だって言われちゃうね、
と冗談を言っていたら、すでに言われてました。wobbly
日本書紀はハングルで読み解けるのだそうですよ。

韓国がノーベル賞を取れないのは、ハングルが高尚すぎて
翻訳不能だから、日本語は下級言語で他国言語に
翻訳が容易だからそうでdash

礼儀や誠、義理、謙虚、清廉潔白などの「日本」も
盗んでくれるといいんですのにね。

不可解な国です。当時の大阪の繁栄ぶりに腰を抜かし
朝鮮、いや中国のどこにもこんな盛んで美しい都市はない、
と言う一方で、こんな優れた土地が我が朝鮮のものでないとは
理不尽だ、と怒る。我が国のものであるべきだと力説する。朝鮮通信使の記録文「日東壮遊歌」をお読みください、しみじみと、かの国のメンタリティがわかります・・・。

茶道、華道、香道、武士道を自称しつつ、彼らが
盗み切れないのは「道」に表される精進探求の精神なりき。

投稿: たのかえる | 2011年12月 9日 (金) 11時05分

女性の立場で男性にエールを送る田坂さんの勇気に感激しています。
男女共同参画推進とか女性の社会進出がもてはやされている現状ですけれど、男は益良夫、女は大和撫子。
これが日本の本来の姿なんですよね。
私はフェミニストの方の「女性差別」に違和感を感じています。
もし女性が差別されるような国であったとしたら、何故清少納言や紫式部のような女流作家が平安時代に活躍出来たというのでしょう?
卑弥呼のような人物がいたというのも象徴的な事だと思います。
私は肩肘張って女性は男性と同じでなければいけないというフェミニストの主張は違うのでは?と思っています。
そもそも女性で無ければ出産は出来ませんし。
男女の役割はそれぞれ違うのではと思っています。
溝口幸次郎さんの遺書、涙が止まりません。
たかだか60数年前に「侍魂」を持っている方がいらしたのだと言う事に。
戦争は良くない。これは誰もが思うことです。
でも戦争に善悪など無い。
あるのは勝ち負けだというのは、ある意味で真理だと思います。
先の大東亜戦争で日本は負けました。
ですが日本によって欧米のアジア圏の植民地支配が無くなったというのも「客観的事実」です。
日本の敗戦後、アジア諸国は皆欧米の支配から独立出来たとうのは事実ですから。
自虐を覚える必要など無いと思っています。
田坂さんの発信する事で色々と考えさせられます。
ありがとうございました。

投稿: 冬桜 | 2011年12月 9日 (金) 11時50分

たのかえるさん、コメントありがとうございます。
「道」が日本のキーワードなのでしょうね。


しかし、「日本書紀」も韓国発祥 
     ↑
ここまで言ってるんですか・・・
う~~~ん。。。

投稿: tomiyo | 2011年12月 9日 (金) 20時04分

冬桜さん、コメントありがとうございます。
私の方こそ、冬桜さんのコメントで学ばせて頂いています。
ありがとうございます。

私は、もっと自然でいいと思うのです。
今の複雑化した社会では、それぞれのご家庭や暮らし方により、
役割は違ってくるでしょう。
でも、根本は昔から変わらないと思うのですけど・・・。

投稿: tomiyo | 2011年12月 9日 (金) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 下田の歴史 私のルーツ その9 下田出身の儒者・中根東里 3 | トップページ | 下田の歴史 私のルーツ その10 開国とは1 鎖国政策の意義と江戸文化の成熟 »