« 東電の義務と権利 | トップページ | 国の価値とは領土と後継 »

日本人が誇りを持つことを拒む方々

Blogyasukuni

探していた日本JC(日本青年会議所)製作のオリジナルアニメ『誇り~伝えようこの日本(くに)のあゆみ~』をyoutubeで見つけたのでさっそく拝見させて頂きました。

… 号 泣 …

アニメだけではなく特攻隊や原爆投下、東京裁判等の実際の映像があり、その当時を慮ると堪えきれない衝動が涙を溢れさせます。

このアニメの存在は、安倍首相の時代に国会で日本共産党の石井郁子さんが「靖国神社の戦争観を子どもに刷り込むための教育プログラム」と発言して問題になった事で知っていました。

ですが実際に観たことは無かったので、日本共産党が何に反応したのかとても興味がありました。

これは安倍首相の「美しい国」日本を、今の子供たちに教えようとした意欲的な試みだったのですけれど…。

とりあえず中身は皆様に観ていただくとして。

内容については、とても短い時間で駆け足で近現代史をまとめていますので、これを観てじっくり歴史を学ぶという類のものではありません。

「こういう事実があったんだよ、それを知った今あなたは何を思う?どう行動する?」そう語りかけているように思います。

そして次への階段「日本人の誇りの回復」に進むための「ガイドブック」のような構成がなされています。

主人公は今どきの女子高生のこころちゃん。

夏休みに出会った青年との関わりから成長していきます。

改めてこれを観て感じたこと。

こういうアニメという解りやすい媒体を使う近現代史の歴史教育の試みは、もっと評価されるべきものだったと思います。

日本青年会議所がこれを作ったと言う事で、ともすれば「おぼっちゃま組織」と揶揄されるJC にわずかながら期待を持ちました。

この試みを『しんぶん赤旗』は連日「日本の侵略戦争と植民地支配を正当化する」と報じたようですね。

日本共産党が声高に反対したというのは非常に解りやすいですよね。

日本人が誇りを取り戻すと色々と不味いのでしょうから。

私が以前書いたGHQの事も少しだけ出てきます。

何故日本人が日本を誇りに思ったらいけないのでしょうか?

どこの国に自国を嫌悪する人がいると言うのでしょうか?

この国に生まれて良かった。

日本人に生まれてきたというその一点で生きていける。

そう思える教育こそが、今の日本に必要なものだと思います。

ブログランキングに参加しています。
貴方の応援クリックが明日の活力になります。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

|

« 東電の義務と権利 | トップページ | 国の価値とは領土と後継 »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

日本JC(日本青年会議所)製作のオリジナルアニメ『誇り~伝えようこの日本(くに)のあゆみ~』
ありがとう。

多くの人々が見るといいですね。

教えてくれてありがとう。

素晴らしいブログです。

頑張ってください。

投稿: たむたむ | 2011年12月28日 (水) 16時48分

たさかさん>

>日本人に生まれてきたというその一点で生きていける。

よくよく考えたら、これが私たちの原点ですよね。
アニメとは若干視点が異なりますが、維新回天の流れに先鞭をつけた吉田松陰も、その肩書きは「日本人」これしかなかった。

近代日本における産業の父・渋沢栄一もどこか名家の出とか名門の卒業ではなく、唯一の肩書きは「日本人」だった。意外と知られていない事実です。

内村鑑三『代表的日本人』に入っていないのが残念な二人を知るのにちょうど良いテキストを見つけました。よろしかったらご参考くださいませ。

【吉田松陰】
http://daisylab.web.fc2.com/hinkaku2/125.pdf

【渋沢栄一】
http://www.rongoken.jp/archive/003-01.html

投稿: だだこ | 2011年12月29日 (木) 09時08分

たむたむさん、コメントありがとうございます。

日本JC(日本青年会議所)製作のオリジナルアニメ『誇り~伝えようこの日本(くに)のあゆみ~』は、拡散したいアニメです。
たむたむさんのTwitterでもご紹介いただけたら有難いです。
宜しくお願い致します。


だだこさん、コメントありがとうございます。

「日本人に生まれてきたというその一点で生きていける」

私がこういう思いに至った一つに地方分権があります。
地方分権はヒトモノカネが流れる大動脈東海道に、人を集めるということにほかなりません。
人口減少社会の中で避けては通れませんが、私たちの郷土が無くなることを意味します。
私たちのよりどころであった郷土が無くなる時(自治体が消滅する時)、何を拠り所に生きれば良いのでしょう。
それは郷土の集合体である日本によりどころを求めるしか無いのです。
誰も住まなくなったふるさとの地は、日本の地なのだと。
なんだかとりとめのないレスになってしまいました。
ごめんなさい。
それからテキストのご紹介ありがとうございました。

投稿: tomiyo | 2011年12月29日 (木) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東電の義務と権利 | トップページ | 国の価値とは領土と後継 »