« 下田の歴史 私のルーツ その9 下田出身の儒者・中根東里 2 | トップページ | 開戦記念日によせて »

下田の歴史 私のルーツ その9 下田出身の儒者・中根東里 3

施して報を願わず

受けて恩を忘れず

(意味)

人に施しや親切を行なっても、そのお返しを願ってはいけない。

また施しや新設を受けた時には、その恩を忘れてはいけない。

忘れずにそれに報いるための努力をすることだ。

たさかとみよ公式ホームページ トップページのフラッシュぜひご覧下さいね。

平成のKOキングと呼ばれた坂本博之さとの2ショットには「施して報を願わず」が、

そして車椅子の区議会議員村松勝康さんとの2ショットには「受けて恩を忘れず」を入れてあります。

何故この二人なのか、i色々考えていただけたら嬉しいな。

私はこのお二人を、本当にしなやかで強靭な方だと思っています。

さて、昨日から下田市議会12月定例会が始まりました。

一般質問は災害対策に関する質問が出ます。

やはりというか、当然、東日本大震災の影響です。

この震災でお亡くなりになられた方々、

そして今まさに「復興」に立ち向かい勇敢に戦っている被災された方々に、

私には祈ることしかできません。

政府として国がどういう対策をとっているのかという事もとても気になります。

ニュースで聞く限り「復興庁」設置法案がようやく決まりそうですが、ジシンから花月。

遅い対応と私は思います。

(なぜ遅くなったのか、過去のエントリー宜しかったらご覧ください。)

どうか安らかに、どうか一刻も早く復興されますように・・・。

東日本大震災というと、私にはこのニュースを思い出します。

東日本大震災:台湾のチャリティー番組で義援金21億円超

http://www.youtube.com/watch?v=pIlQEIfjd9Y

台湾には「施して報を願わず、受けて恩を忘れず」という精神を美徳として持っています。

困ったときに助け合う、人間として当たり前のことです。

日本がこの危機を乗り越えることが何よりです。

今被害に遭われている日本の皆さんの無事を心から祈ります。

そういう番組メッセージでした。

困ったときはおたがいさま

(故相馬雪香先生が、いつも言っておられました)

東日本大震災の直後に、台湾はすぐさまチャリティー番組を放送し、

官民上げて巨額の支援をしてくれました。

台湾の国民の心、とても有難かった。

1999年の台湾大地震のとき、日本はすぐ官民あげて応援しました。

でもそのときの恩義を忘れずに、それ以上で返してくださった台湾の皆様の熱い気持ちを

私たちはしっかりと受け止めなければなりません。

台湾をはじめ、先だって日本を訪問していただいたブータン、トルコ、タイ、パラオ等、

親日の国家が世界に多いことに心から感謝します。

全て先人であるたくさんの「日本人」が築き上げた「信用」という名前の財産なのです。

国際的な信用は一夕一朝では得られません。

たゆまぬ先人の努力や日本人の心が諸外国に伝わっているのだと思います。

この記事を書いていて、ふと思いだしたのがSoftBankのCMと孫正義社長。

SoftBankの孫正義社長は以前は華僑系と自称していましたが、

実は朝鮮系帰化日本人です。

反日国家の人がCMを作ると、日本の家族はお父さんが犬になってしまうのですね。

私は韓国語、全くわかりませんが、

ケセッキ(犬の子)というのは、「この糞野郎」という意味なんですって?

黒人タレントのダンテ・カーヴァーさんや、上戸彩ちゃん、

犬の子ですから「糞野郎」なんでしょうか・・・。

表向き可愛い犬だねなんて思っている人を見聞きすると、

裏の意味を考えて欲しいと思います。

偶然が集まったものは必然となるのですからね。

朝鮮系企業は反日なんですから当たり前といえば当たり前かもしれません。

でも人としての品格、疑問視せざるを得ません。

特に孫正義社長が韓国で「日本は犯罪者になった」と「世界に謝罪した」事が、

韓国や日本でニュースになるのは変なことだと思います。

だって、彼は単なる一介のビジネスマンであって、

政治家でも日本人の代表でもないのだから。

イ・ミョンバク韓国大統領との会談もおかしな事です。

私はいくら韓国の反日教育に憤りを持っていても、

韓国の国旗を踏みつけたり、燃やしたり出来ませんよ。

国旗はその国の国民、一人ひとりなのですから。

国会で演説された若きブータンの国王の品格を思い出すと、

素直に頭を下げずに入られません。

改めて今思うことは、日本の周辺には反日国家があるんだという事実、

反日教育を施すことで国民の悪意を日本に向けている「国家」があるんだという事実。

反日教育を受けている人がメデイアを始め、

日本の社会にまりすまして入り込んでいるんだという事実を、

私たちはきちんと認識しなくてはならないということです。

その上での外交であり民間交流なのです。

そして一番の問題は日本人自身が日本人を反日教育しているということです。

日本人の精神性や日本人らしさをなくすような、

内部崩壊直前の日本なのだという危機感をもって、

教科書採択問題に取り組みましょうよ!

少なくとも自民党の政治家の皆さんは・・・。

誇りを忘れた日本人は日本人とは言えません。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村  ← ポチお願い致します

|

« 下田の歴史 私のルーツ その9 下田出身の儒者・中根東里 2 | トップページ | 開戦記念日によせて »

下田の歴史 私のルーツ」カテゴリの記事

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

施して報を願わず

受けて恩を忘れず

(意味)

人に施しや親切を行なっても、そのお返しを願ってはいけない。

また施しや新設を受けた時には、その恩を忘れてはいけない。

忘れずにそれに報いるための努力をすることだ。


 人生は、他人のために尽くす。 
 これぞ、究極の人生の目標だ。

 この気持ちを忘れず頑張りたいものです。
 
 感謝!!

投稿: たむたむ | 2011年12月 8日 (木) 12時41分

たむたむさん、こめんとありがとうございます。
いつもこの気持を忘れずにと思いつつも、
つい「こうしてくれればいいのに」なんて思ってしまう。
だからこそ常日頃から、先人を学ぶ、歴史を学ぶ、
学ぶということを大切にしていきたいと思っています。

投稿: tomiyo | 2011年12月 8日 (木) 16時29分

えっ、以前は在日系でなく華僑系と言っていたんですか。
ソースはありますか?

投稿: とお | 2011年12月 8日 (木) 21時09分

とおさん、コメントありがとうございます。
UCLAバークレー校の同級生の証言という事で・・・

投稿: tomiyo | 2011年12月 9日 (金) 06時34分

>SoftBankの孫正義社長は以前は華僑系と自称していましたが、実は朝鮮系帰化日本人です。

孫正義の父親が週刊ポストで朝鮮だと詳細に認めました。
しかも密入国も「時効か」ということで告白。
密入国在日は多いでしょ・・・マルハンの社長も
密入国で来て、「戦後のどさくさにまぎれて」
役場で永住権を取得」と自ら語っています。
なんのためらいもなく、淡々と。ごく当たり前のことを
したかのような口ぶりで。YouTubeに取材インタビューが
あると思います。

密入国は犯罪です。
チェジュ島での粛清時に大量の韓国人が密入国、
そのほとんどが大阪に住み着き現在に至ります。
密入国者たちに対してこれほど寛大な国は
日本だけではないでしょうか。強制送還すら無く、
永住権、特権まで与えて・・・いったい政府に何の弱みが
あるのかと勘ぐってしまいます。

密入国者であったことを平気でカミングアウトできると
いうのも異常、またそれが特段問題にならぬというのも
異常です。
差別がどうとか強制がどうとか事あれば言い立ててますが
その実態は密入国者であることも多いですね。
いったいどこの国が密入国者に対して優しくあれるでしょうか。
日本は永住権と特権まで与えています。それでも
まだ不服だというのでしょうか。

孫正義の父親は週刊ポストでこうも告白しています。
「戦前は差別などなかった」と断言。
これはすなわち民族差別などではなく、差別されるには
される理由が戦後あったのではないだろうか、とも
解釈出来ます。朝鮮進駐軍による日本人の土地強奪、
暴力、差別、レイプの多発などもその一因ではないでしょうか。
一方、どさどさと密輸入で押しかけ、住み着き権利を
要求する。これで好きになってくれ、対等に
扱ってくれと?

「終戦後まともな朝鮮人は皆、半島へ帰った。残ったのは
ろくでもない連中ばかりだ」
・・・これも孫正義の父親がはっきり週刊誌に語った言葉です。

密入国一家のせがれに犬呼ばわりされる日本人も
ほとほとお人よし。
野田さんの中韓アメリカへの尻尾ふり外交を見ていると
犬と呼ばれても仕方が無いかと苦い笑い。

本物の犬に申し訳ないけれど。

ことあれば、日本を罵る在日の人達、それほど日本が
嫌いならなぜ本国へ帰らないのでしょう?
答えは簡単、日本のほうがいいからです。
「強制されてきた、差別を受けて苦しめられた」と
言い張るのは「生きるための哲学だ」と
「ハルコ」というタイトルで撮影されたドキュメントで
在日の老婦人がせがれにこう告白します。
特権を得るためには無理やり連れてこられた、
差別に苦しんできた、が必須アイテムだと言うのです。

差別が皆無だったとは言いません。でもそこには
理由がなかったか?(戦前は差別などなかった・孫正義父親の証言)
差別を言い立てることが生きる方便になっていて
それを言われて騙されている日本人は多くないだろうか。
その過去を探ると密入国者がルーツであることも多いのに。

投稿: たのかえる | 2011年12月 9日 (金) 07時42分

たのかえるさん、コメントありがとうございます。
私の足りないところを、いつも補って頂くばかりで・・・。
感謝いたします。

投稿: tomiyo | 2011年12月 9日 (金) 09時01分

>tomiyoさん
ありがとうございます。
証言ですか。
文面で残っているならば、ツイッターででも突き付けて問い合わせようかと考えたのですが、残念です。

>たのかえるさん
ありがとうございます。
だいたいのことは存じていましたが、まともな朝鮮人は帰ってろくでもないのが残ったというのは初耳でした。
これも週刊ポストでしょうか?
見てみたいのですが、いつの号などご存知でしょうか?

投稿: とお | 2011年12月 9日 (金) 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 下田の歴史 私のルーツ その9 下田出身の儒者・中根東里 2 | トップページ | 開戦記念日によせて »