« ブータン王国の国民総幸福 | トップページ | 心の力 石田尊昭 »

下田の歴史 私のルーツ その7 黒船祭

毎年5月に行われている黒船祭、下田市の一大イベントと言っていいでしょうか・・・

開国の歴史顕彰と日米親善に貢献するために、

昭和9年に始まりました。

以下、聞き取りのため、間違えがあればご指摘をお願いします。

もともとは開港80周年を契機とした観光振興をということで、

当時の下田町助役の森義男さんが仕掛けたものです。

大正14年にバンクロフト大使を迎え、開港70周年記念行事を行ったのがきっかけで、

いろいろなアイディアを練り上げ、各方面の協力を取り付け実現にこぎつけたのでしょう。

話によると当時まだ「ポーハタン号」が米国に現存しているということで、

これを下田に持ってこようという動きもあったようです。

(残念ながら実現できず、取り壊されてしまいました)

第1回の黒船祭はジョセフ・グルー米国大使夫妻を迎え、

日米開港先賢慰霊祭中心にして2週間開催されました。

(昭和9年 4月20日~5月3日)

連日の花火や太鼓を出すなど、町を上げてのイベントだったようです。

歴史の顕彰という名目で、よくぞこれだけのことをしてのけたと思います。

東京汽船、東海自動車、河津川水力電気等から多額の寄付を取り付けるなど、

官民連携の最たるものです。

さて、時代は少し下がり、第17回の黒船祭の計画案の画像です。

(黒船社に行って写メしてきました)

Kurofune5

   凄いお名前があります

        ↓

Kurofune7

Kurofune8

もうひとつ、新聞の切り抜き画像

昭和17年ですね・・・

     ↓

Kurofune6

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

追記.1

郷土史家・土橋一徳先生の年表から、

こんな記述が見つかりました。

第1回(昭和9年)の黒船祭の予算 1万円

ヒュッテ黒船(ホテル) 建設費 5万円

ネットで昭和9年当時の貨幣価値と比べてみたら、

どうやらこの1万円というお値段、

現在の1億円から1億5千万円くらいの価値のようです。

現在の下田市の黒船祭に駆ける予算は2000万円位です。

なんとこの5~7倍???

如何に民間が協力したか、スポンサーが価値を見出したかということです。

森義男さんの手腕がいかほどのものか忍ばれます。

民間が出す価値のないイベントになったのか、

それとも民間が公を思う気持ちがなくなったのか、

それは不明ですが・・・

経済状態が悪いからという理由だけで、

寄付金が集まらないわけではないのだと思うのです。

そこには「下田を良くするんだ」という熱意・想い・情熱がないからなのではなかろうか。

熱を持って接すれば、

熱を持って返って来る。

SRSボクシングジムのような想いがないから、

仕事が無いのに寄付なんぞ出来るわけがない。

そういう極々まっとうな応えしか返ってこないのだと思います。

上に立つものの想いこそ、人を動かすのでしょう。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

追記.2

昭和54年の黒船祭、

ロザリン夫人・愛嬢エミリさんと共に、

ジミー・カーター大統領が下田を訪問されました。

(私は高校1年生でした、たぶん・・・w)

市民とのタウンミーティングもあり、

その時の下田はなんといっていいのか・・・大騒ぎでした!

通常の黒船祭と違い、びっくりするほどのSP、

町の中の高い建物(とはいっても3階建てとかで屋上があるみたいな・・)には、

見張り?護衛?の方々が、いっぱいです。

それでもオープンカーでパレードしたんですよねぇ。

下田の町の狭い通りです。

大統領は手を伸ばせばすぐ「そこ!」にいます。

米国大統領って、カッコイイなぁ。

それが単純な女子高生の感想です。

毎年黒船祭で式典が行われる下田公園の開国ひろばには、

ジミー・カーター大統領お手植えの「ハナミズキ」と記念碑の横があります。

<にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村p> ← ポチお願い致します

|

« ブータン王国の国民総幸福 | トップページ | 心の力 石田尊昭 »

下田の歴史 私のルーツ」カテゴリの記事

コメント

黒船祭続いてますね。
これも当時の役人が考えたとのこと。

町おこし、これは議員及び役場の職員がどう頑張るか。

市・町・村が活性化するか。
キーは、議員と役場の職員の人間力です。

地方競争の時代は、地域の人間力の競争です。
再度言います、その中心は、議員と役場の職員です。
その自覚と思考と行動の差です。

とっくに中央依存の時代は終わってます。

投稿: たむたむ | 2011年11月24日 (木) 06時08分

先生、コメントありがとうございます。

黒船祭は71回行われています。(72回の今年は、震災の影響で中止)続けるということは凄いです。でも色々な歪も出てきます。

何のために始めたのか。その時の想いは何だったのか。
私たちはその想いを後継しているか。
形だけ立派になっても、想いを後継出来ていなければ意味がありません。

黒船祭も構築し直す時は、もうとっくに来ているのです。

私にできることは・・・

投稿: tomiyo | 2011年11月24日 (木) 08時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブータン王国の国民総幸福 | トップページ | 心の力 石田尊昭 »