« 地方自治経営学会その4 本田敏秋遠野市長 後方支援としての役割 | トップページ | 地方自治経営学会その6 遠野モデルとしての三陸文化復興プロジェクト 赤坂憲雄学習院大学教授 »

地方自治経営学会その5 ミルクとワインとクリーンエネルギーの町・葛巻町

すみませんm(_ _)m

今回の講義の中で、一番興味がなかったです。

おそらくですが・・・過疎債やそのた国の補助金を、

最大限に利用したまちづくりをやられたという事です。

町長が商才があったというだけのことで・・・

誰にも真似できる話ではありません。

鈴木葛巻町長の辣腕のお陰で出来たまちづくり、

そんな印象でした。

このまちづくりに関しては、ここに記すまでもありません。

素晴らしいです。

三セクが成功したということなんですけど、

*三セクに権限を置く

*社長(町長)が責任を取る

コレを忠実に行ってきた結果です。

世の中の企業成功者と同じです。

結果として、町は豊になります。

ただ、私が引っかかったのは、過疎債。

これがあったのではないかとうことだけです。

あとは葛巻町長の手腕によるもの、一言につきます。

|

« 地方自治経営学会その4 本田敏秋遠野市長 後方支援としての役割 | トップページ | 地方自治経営学会その6 遠野モデルとしての三陸文化復興プロジェクト 赤坂憲雄学習院大学教授 »

地方政治・地方自治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地方自治経営学会その4 本田敏秋遠野市長 後方支援としての役割 | トップページ | 地方自治経営学会その6 遠野モデルとしての三陸文化復興プロジェクト 赤坂憲雄学習院大学教授 »