« 収穫の秋  | トップページ | 川根本町「光」整備 町議会、住民投票を否決 »

尾崎行雄記念財団咢堂塾

本が増えてしまって・・・・捨てなくちゃ・・・

そんな状況になっております。

で、尾崎行雄記念財団の発行する「世界と議会」なる冊子、

2005年からストックしてあった。

ということは、尾崎財団で学ばせて頂いてから、

はや6年ということなのでしょうか・・・。

月日がたつのは早いものです。

そりゃお金もかかりますわ・・・(;´Д`)

学ぶということはお金がかかるのです。

特に地方に住んでいる場合は交通費&宿泊費がかかりますからね。

下田は政務調査費もありませんから、勉強する場合は全て自腹です。

私はお陰様で独身ゆえ、自分の生活を切り詰めていけば何とかなっています。

今のところは・・・

この咢堂塾で学んだことは何だろう。

それは尾崎行雄ではなく、相馬雪香イズムなのではないかなと、

そんな思いです。

相馬先生がご健在の時に学ばせていただいたことは、

本当に有難かったです。

咢堂塾の開催される時はいつも一番前の向かって右側の席にお座りになり、

講師の先生方の講義に耳を傾けられておりました。

そして必ず塾生に向かい話しかけられたことは、

「◯◯先生のお話を聞いてなるほどなと思って帰ってもらっては困る、

あなた方が先生のお話を聞いて何をするかです。」

(今、こうやってタイプしていても、涙が止まらなくなるのですよ・・・)

私はしっかりやれているだろうか、

お役に立てているだろうか・・・

議員としてちゃんとやれているだろうか・・・

咢堂塾のご縁が広がり他の勉強会にも出席させて頂いていますが、

やはり相馬先生の毎回塾で言われていた言葉は、

私にとってはとても大きいです。

世界と議会、スペースはたいしたこと有りません。

絶対に捨てませんともっ!

断捨離がなんぼのもんじゃいwww

|

« 収穫の秋  | トップページ | 川根本町「光」整備 町議会、住民投票を否決 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 収穫の秋  | トップページ | 川根本町「光」整備 町議会、住民投票を否決 »