« 川根本町「光」整備 町議会、住民投票を否決 | トップページ | iPhoneからのテスト »

情報発信力

自民党のHPから

自民党の新国会対策委員長、岸田文雄衆院議員に聞く

――――わが党が政権奪還を果たすには、今何が必要ですか。

 政権与党時代と比べ、国民へのアピール、発信の場が限られていることを痛感しています。

 野党の主戦場は国会です。しかし、国会が閉じられていれば、野党の発信は限られます。まず、国対委員長として、政府与党に対し、国会を開かせ、わが党をアピールするための機会を作ることが必要です。そして、限られたチャンスを有効活用し、わが党の思いを国民に伝えていかなければなりません。

 政権交代から3年目となり、わが党にとっては、大きな勝負に臨む1年となります。国対の立場からも、より工夫をしながら発信力を強化していきます。

機関紙「自由民主」第2483号掲載

*****************

情報発信について思うこと

国会が閉じられていれば、野党の発信は限られます。

と、岸田国対委員長はおっしゃられております。

本当にその通りなのですが、

それでは我等が政権を担っていた時どのくらい情報発信をしていたのか、

甚だ疑問であります。

テレビを始めとするマスコミ報道は、

ほとんどが政策の話ではなく揚げ足取りや制作の一部を取り上げた批判、

人物批判的なものが多かったはず。

本来発信しようとしているものとは程遠い、政権与党の発信力だったのではないかなぁ。

今の自民党に足りないものって、

地方の自民党議員の情報発信の強化だと思うのですよ。

党本部が時間をかけ練り上げた政策を、

我々地方議員が理解しているだろうか。(2~3回読んだだけでは頭に入りません(*_*;)

そういう勉強会はあるのだろうか。(もしかしたら私が知らないだけかも(*_*;)

3000人を超える地方議員がいるのに、実にもったいない。(スミマセン、私なにも活動していません(*_*;)

なにも活動していない私が何をかいわんやなのですけど・・・

もっと街頭で喋ったりしたほうがいいよなぁ。。。

我が党の想いを言葉にのせて伝えなくちゃなぁ。。。

その前に党本部と地方組織の繋がりかなぁ。。。

私、何したらいいかなぁ。。。何が出来るかなぁ。。。

そんな事を思った岸田国対委員長のインタビュー記事なのでした。

自分が出来てないことを再認識すると、テンション下がりますね・・・down

|

« 川根本町「光」整備 町議会、住民投票を否決 | トップページ | iPhoneからのテスト »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 川根本町「光」整備 町議会、住民投票を否決 | トップページ | iPhoneからのテスト »