« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

石田尊昭ブログ

「政治教育と政務調査」―尾崎咢堂言行録(35)

尾崎行雄記念財団の事務局長、石田尊昭さんのブログに、

上記の内容の記事が記載されていた。

尾崎行雄は次のように言っている。

党員自身の教育すらこれを怠るがため、

未だ立憲政治の根本義をもわきまえざるものが多い。

常々思うことは、党の綱領を読んでいる、

理解している党員がどれだけいるのだろうかと言うことだ。

新防衛計画大綱をどれだけの自民党議員が読んでいるだろう。

理解しているだろう。

X-dayプロジェクトに目を通しているだろうか。

結局、国会議員、県会議員の選挙マシーンに使っているだけなのだ。

だからこの体たらくなのだ。

党員は夢よもう一度、公共事業をやってくれ。

うちに仕事をくれ、この一点だ。

それが悪いとは言わないが、それだけではいかんだろう。

何のための政党なのだ。

何のために党員をしているのだ。

我々はともに、日本のために、

それぞれの立場で働くのではないのか。

何処かで発言しなくてはならんなぁ・・・

静岡県選出の塩谷先生が総務会長だとか。

人となりは知らないので、ただ声の大きいい人という印象しかないが、

機会を見つけて言ってみよう。

・・・・・きっと爺様たちに怒られるな・・・・

| | コメント (0)

弓張提灯

下田八幡様の氏子の自宅には、

こんな弓張提灯が一つや二つはあったりする。

うちにも四つ。

この所湿気た陽気だったんで、ちと広げてみた。

一番左は去年貰った送り提灯。

送られたはずなのに、雑用は増えてる・・・・(^_^;)

後は息子のだったり、誰かのだったり。

来年の8月13日まで、ココにある。

そして16日にはまたココ。

資料を出すのに結構邪魔なんで、

この際提灯掛けを作ろうかと思っている。

もしかしたら来年は、もっと増えるかも・・・(;´Д`)

922

| | コメント (2)

議会運営

5月臨時会で副議長になってからというもの、

議会運営ということにかなりの神経を使うことになった。

前例踏襲と前例にとらわれずを使い分ける方々のなかで、

如何に混乱させず議会を運営するかとなると、

相当な準備が必要となる。

(それが私の仕事かどうか、疑わしいところはあるが・・・)

例えば修正案を委員会で出すという話。

細かく書くとやたら長くなるんで端折りますが、

「修正案を出すのは委員会でもできるが、本会議で出すのが望ましい。」

というのが、全国議長会の法制部の見解。

「出来るんだからいいだろ!議員の権利を邪魔する権利がおまえにあるのか。」

と、先日もある方から罵声を浴びせられたところ。

((意味わかんねえ!))

前にも同じ様な事例があり、

全国議長会へ問い合わせきちんと説明をしたが、

その時も今回も納得がいかないらしい。

わからなくもないが、議会は形式とルールで成り立っている。

それを簡単に壊す訳にはいかない。

なぜなら壊したら最後、収集がつかなくなるからだ。

すべてが地方自治法、そして標準会議規則、

条例・規則に基づいて運営をしているのだ。

法令を守るというごく単純な作業をするために、

毎回酷く心を煩わせる。

如何なものかと・・・・(u_u。)

| | コメント (0)

咢堂塾合宿

9/17・18と、咢堂塾の合宿に参加してきました。

詳しくは「尾崎行雄記念財団事務局長・石田尊昭ブログ

永田町の桜」でどうぞ。

石田さんには、私のとんでもない発言で相当ご心配をおかけし、

心よりお詫びを申し上げます。

なんというか、バズーカ撃ったと同時に地雷踏んだみたいな・・・( ̄○ ̄;)!

(まぁ、私の場合、市民要望という言葉自体が胡散臭くて嫌いという事もあるんだけど・・)

要望が言葉として伝えられないところ、

伝えるすべを持たない、

必要なのに必要として認識していない、

基本的に日の当たらない声無き声を、予算書から探し出すところから始めている。

(なぜ予算書かといえば、地方自治法第2節96条が議員の一番大きな権限だからである。)

でも実現したところで当事者は認識しない。

市民要望を実現させようと頑張っている議員は沢山いる。

私はその沢山である必要はなく、

本筋論をしっかり議論していく役割でいいと思っている。

以下、4月の選挙で100回の街頭演説のうち、

3回だけ行った追加演説の要旨。

**************

私はなぜ議員になりたいのか。

私の政治活動の出発点は「リープロ住民投票を求める市民運動」であった。

「私は今の財政状況でこの事業をやるのは反対である。

しかしリープロ施設の建設に賛成の人もあるだろう。

だとするのならせめて賛否を問うて、

仮に賛成の人が多いというならそれが民意であるから、

後の財政負担は下田市民が責任をもってすべきである。

地方自治法に定められた直接請求という住民の権利を行使させよ。」

ということであった。

当時の議会がこの条例案を否決した後の、

平成11年の統一地方選挙に立候補したのは、

「リープロ住民投票条例の制定」が目的であったので、

議員提案で条例案を出し否決され、

公約不達成ということであっという間に決着が着いた。

私がこの一連の政治活動の中でなお一層強く思ったことは、

日本において民主主義が確立されていないということである。

民主主義とは何か、住民参加とは何か、実践を通じて学んだ。

政治はよく間違いをおこす。

間違った政治に理論的に間違いだと言えなくては、

市民として未成熟である。

誰かがやってくれる、誰かが言ってくれるという

「おまかせ」な市民では変わっていかない。

民主教育の行われてこなかった日本であるから、

そうなって当然といえば当然。

しかしそれは決して正しいことではない。

だから「民主教育を、シチズンシップを根付かせたい」と思った。

今も本気で思っている。

下田の市民にも、下田の子供たちにも、

「私たちの社会である」という思いをもってもらいたい。

国の方針は国会が決める。

では地方には何も出来ないのか。

私は教育環境を整えることが、

自ら考え自ら行動する人を育てると信じている。

人づくりにつながると信じている。

そのためには一市民でいるより、市議会議員のほうが

より密接に関わることが出来る。

このスジは何があろうと変わることはない。

そして、それらを決めていくのが政治であるという責任を感じながら、

「議員としてそれでいいのか」と自分自身に問いながら、

議員活動をしていきたい。

*ちゃんと6つ、普通に公約は出しましたよ

1.財政と行革への取り組み

2.市内経済への取り組み

3.学校・幼稚園・保育所への取り組み

4.子育て支援(虐待問題)への取り組み

5.女性議員を増やすための取り組み

6.一人暮らし高齢者に対する取り組み

既にいろいろ仕掛けだけはしていますが、

副議長という職責があり、なかなかやりにくいですな・・・(;´Д`)

それから「市民要望」を議会が聞いていいのかどうか・・・

それは地方自治法96条にも記載されている通り、

予算は議決案件である。

市民要望を当局に予算化させたものを、

はたして否決できるのだろうか。

何のための二元代表制なのか。

このあたりのことをもう少し国会で議論してほしい。

地方自治法改正は国会で決められるのだから。

| | コメント (0)

下田産 小サバ干物

今日は、本当は、

咢堂塾・合宿の記事を書くつもりだったんです。

少し前お腹がすいて、スーパーで食材を見ておったら、

なんと!

なんと!

なんと!

こやつが目に飛び込んできた!

     ↓

9201

下田産 小サバの干物

この時期だよねぇ~w

こいつをさっと炙って・・・・

流石に合宿の時にあれだけ飲んだ後です、

自粛します。

9202

発泡酒で小サバ ← 晩御飯

氷結レモン ← デザート

これでw

| | コメント (2)

日本論語研究会

9/10(土)は咢堂塾でお世話になった高橋さんのご紹介で、

日本論語研究会に出席をしてまいりました。

主催をされているのは、我が自由民主党本部政務調査会調査役の、

田村重信先生です。

先生は日本の「憲法・安保」の第一人者であられます。

お初の私にも気軽に声をかけていただき、

ホッとしました。(おれっち、意外に気が小さいんだぜw)

今回の日本論語研究会では

元警察庁長官・山田英雄先生が講演をされました。

論語もお初の私でしたが、

ぜひまた機会を作りお邪魔させて頂こう、

そう思える素敵な勉強会でした。

田村重信先生(下向き画像で本当に申し訳ございません!)

   ↓

R9101

元警察庁長官 山田英雄先生

      ↓

R9102

勉強会の後は懇親会にもお邪魔させていただき、

暑さも手伝って?ビールの美味いことw

皆さん今後ともよろしくご指導ください。m(_ _)m

マジ楽しかったっすw

********************************

まっ、折角勉強させていただいたのに、

何も感想を書かないわけにはいきますまい。

つうことで、ちょっとだけカキカキしてみます。

何しろ一般質問の原稿、まだ出来ていないわけですし・・・(;´Д`)

演題「日本の将来」でありました。

その中で一番心に思ったことは、

「国(の安全)なくして、地方(自治)なし」

ということです。

元警察庁長官というお立場から、

日本の置かれている現状をデータをもとにご紹介頂いた。

(近いうちに日本論語研究会のHPに、動画がうpされると思います。

 是非、ご覧頂きたいです)

我々が地方で財政がどうの、雇用がどうの、

色々な議論をしておるわけですが、

結局のところ「日本」という国の枠組みがなければ、

地方の議論は意味が無いということなのだ。

国の安全が確保されている、という大前提のもとに

地方分権がある。

地方と国はいつも繋がっている。

我々地方も、国をしっかり見ていかなくてはならない。

地方が国を守るということも、忘れてはならない。

そういうことを、国民一人ひとりが感じてほしい。

あなたの、あなたの家族の、あなたの愛する人の安全は、

国という枠組みの中で保証されていることを、

どうか認識してほしい。

そしてそのために、命をかけて働いている人達がいることを、

忘れないでほしい。

(自衛隊とか、海保とか、警察とか)

災害の時だけ利用するのだけはやめてくれっ!

心からそう思った。

・・・・・なんだか、まともな文章じゃないな・・・いつもだけど(;´д`)トホホ…

そんな事を思ったということで・・・sweat01

| | コメント (2)

第7艦隊司令官交代式Ⅱ

とても厳粛な式典であることは、なんとなくわかりました。

ええ、すべて英語でしたから・・・。

TUNAMI  TOKOSUKA  HAYAMA  だけは 言葉として聞けました。

パーティー会場もほぼ軍の関係者=使用言語は英語なので、

なんか面倒なかんじで・・・sweat01

でも、ちゃんと、公務はしてきました。

今度の司令官スコット・H・スウィフト中将と大黒議長の写メ

            ↓

Yokosuka4

下田からきたこと、黒船祭のこと、

ちゃんとお話ししました。(もちろん通訳の方がです)

交代されたスコット・R・バン・バスカーク中将には、

ついでに、我々は150年以上も昔から、

日本で亡くなった米海軍兵士のお墓を守っている。

それが日本の心だ、民間外交であると言っておきました。

Yokosuka1

Yokosuka2

Yokosuka3

Yokosuka5

          ↑

会場は第七艦隊旗艦『ブルーリッジ』の艦上でこんな感じでした。

そうそう、小泉進次郎先生も来ておられたようですが、

何しろ沢山の人で、見目麗しいお姿も拝見できず、

残念でありました。

あと、 昨年まで海上自衛隊横須賀地方総監を努められていた、

松岡さんに偶然お会いでき、とても嬉しかったです。

黒船祭には2年続けてお越しいただきました。

「毎年出席なさいね、(下田市が)出席されるのは、大切ですよ」と話されました。

しかと心に刻みました。ありがとうございました。

事務局にも伝え、引き継ぎ事項にして頂きました。

そんなわけで、公務は無事終り、今日のお昼頃下田につきました。

夕方は議運の前打ち合わせで、

ものすご~~~~くストレスを抱え、帰宅しましたとさw

明日は議運、委員会協議会等、

それから・・・いろいろと忙しいです・・・。

| | コメント (3)

開き直って~

只今、9月定例会一般質問の原稿を書いています。

質問は2件。

①財政について

 1.公会計・財務諸表分析について

 2.財政見通しについて

②行財政改革について

わかりやすく話したいなって思って随分頑張ってみたんだけど、

専門用語も多くて、「もう!どうにもなんねぇやっ!」ってことで、

そのまんま難しい言葉も散りばめてサクサクカイカキしております。

なんというか、開き直りってやつです!(A;´・ω・)アセアセ

勘弁して下さい。(*_ _)人ゴメンナサイ

今回の質問は、

「当局、議会、市民の皆さんと共に、

同じ土俵の上に立ち議論をするための下地を作りたい。」

そういう思いで組み立てています。

それなのに分かりにくいこと!・・・・il||li _| ̄|○ il||li

自分の文才のなさと語意の少なさに、思い切り凹んでおりまする。。。

それでも、SHKさん、小林テレビさん、伊豆新聞さん等、メディアを通じて、

皆さんに聞いていただきたいなぁと思います。

若手の職員の皆さんにも、聞いていただけたら嬉しいんですけどねぇ・・・。

さぁ、がんばろうw

| | コメント (2)

ちょっと息抜きw

9月定例会の一般質問、カキカキしとります。

ちょっと息抜きに、氷結レモンw

つまみはあおきのマカロニサラダ。

Twitter見ながらです。

94_2

血流が良くなれば、きっと頭の回転も良くなるはず!

・・・・だよね、きっと・・・sweat01

| | コメント (0)

息子って・・・

今日、息子が帰ってきますた。

祭の全町反省会とやらです。

まぁ何かと世話を焼いてしまい、

全くペース配分が乱れるのであります。

その乱れ方が嬉しかったりするわけなのですけど。

息子の場合、私の遺伝子は受け継がなかったらしく、

全くと言っていい程飲めません。

飲んで5分もするとマーライオンに!

今日もまたマーライオンになっているのでしょうか。

┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

無事の生還を祈るのであった・・・w

| | コメント (2)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »