« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

横須賀第7艦隊司令官交代式

10/7に行われる米軍横須賀第7艦隊司令官交代式に、

議長と共に出席をすることになった。

下田市に招待状が届くのは、

昭和9年から行われている黒船祭によるところだ。

子供の頃は黒船祭で、軍艦に乗るのが毎年楽しみだった。

(9.11以降は乗れなくなってしまった)

今、政治に関わるようになって、

米海軍との友好はもっと別の意味を持つようになり、

より重要性を感じる。

民主党の議長と、自民党の私。

二人で仲良く、公務をはたしてきます。

| | コメント (0)

心揺らされる年

本当に今年は揺らされる。

これでもか、これでもかと、まるで見えないものに試されているようだ。

社会、地域、組織・・・縦の関係において。

或いはカテゴリーにおいて。

でもきっと、私の答えは一つなんだ。

そして今日も右往左往しながら、

まっすぐに行く。

| | コメント (0)

悩ましき財政

行政の根幹である財政。

こいつがわかるようになると、実に悩ましい。

とても切なくて、気持ちが落ち込む。

知れば知るほど、辛くなる。

苦しくなる。

経済と財政は連動しているし、

国の財政と地方財政も連動している。

硬直化して動かないところに、余計なお荷物ばかり増えていく。

財政当局もさぞかし苦労しているところだろう。

さて、そんな息苦しい毎日を送っているわけだが、

こんな時政治はどう立ち向かえば良いのだろう。

やはり現実を直視した上で、

尚、こうしたいという夢、理想へ向かわねばならないと思う。

今をどうしたい。のではなく、こういう未来になるよう努力したい。

こういう下田であってほしい。

こういう日本であってほしい。

そう思いながら、日々財政を見ていきたい。

***************************

「民族滅亡の三原則」というのがあるらしい。

1.理想(夢)を見失った民族

2.すべての価値をモノでとらえ、心の価値を見失った民族

3.自国の歴史を忘れた民族

****************************

| | コメント (0)

政は正なり

さっき石田尊昭さんのブログを覗きましたよ。

      ↑ クリックどうぞ

そしたら、「政は正なり」という記事でありました。

論語の中の言葉なんですってw

そんなことも知らんのかという声が聞こえてきそうですが、

はい!知りませんでした。ごめんなさいm(_ _)m

でね、「政治は正義じゃなきゃダメ」って事なんだと思うけど、

正しい訳 日本論語研究会HPより

  ↓

季康子、政(まつりごと)を孔子に問ふ。孔子対(こた)へて曰はく、「政は正なり。子師(し、ひき)ゐるに正を以てせば、孰(たれ)か敢へて正ならざらん。」

→季康子が、政を行う道を孔子に問うた。孔子が対えて曰われるには、「政は正という意味であります。しかし己が正しくなければ人を正すことは出来ません。もしあなたがまず御自身を正しくして衆人を師いなさるならば、誰か正しくならない者がありましょうか。」

じゃぁ、正義ってなんぞや?

正義とは「人の道にかなっていて正しいこと」

「正しい道義。人が従うべき正しい道理」なんてことらしい。

調べてみると、意外に難しい。

人は適当だから、自分の都合の良い道理にしてしまいがち。

それなら政は天なりって解釈したら、いいかな~って。

政は祭事、祭事は神事。(まつりごとは、まつりごと。まつりごとは、かみごと)

天に恥じないというと大袈裟かもしれんけど・・・(^-^;

下田の八幡様にお参りするときは、

「私、大丈夫ですか?」って聞いたりしてます。

まっ、大丈夫だろう~って、実に都合の良い解釈をしているおいらなのでした!

| | コメント (0)

ちょっと実験

お祭の動画、上手くうpできるかな?

iPhone4で映したんだけど、

あーやったり、こーやったりで・・・

うちの町内の太鼓台ですw

太鼓台責任者がたたいています。

| | コメント (0)

会わなくちゃ!会いに行かなきゃ!

とあるHPで紹介されていた本を数冊購入。

ちょうど2冊読み終えたところだ。

その本を読んで思ったのは、会いに行かなくちゃ!なのである。

本を読むと色々な疑問がわいてくるから、

「あなたはどういう風に考えるのか」そう質問をぶつけたい人が2名様。

ひとりは全く面識はないが、もしかしたら会えるかもしれない。

もうひとりは賀状のやり取りはあるものの、もう6年くらいはお会いしていないし、

親しいわけではない。

でも、どうしても、聞きたい。

今年中に何とかならないだろうか。

すでに決まっている公務と議会の予定を睨みながら、

思いはめぐる。

もしかしたら、この糸は繋がるやもしれない。

今すぐにでも行きたい衝動に駆られながら、

昼の分の薬を飲んだところなのだ。

会いたい人には会いに行かなくちゃ!ねっ!wink

************************************

そうそう、この人にも会いたいねw

        ↓

| | コメント (0)

日本文化愛好会

日本文化を世界に発信!

なんて、大層なことはできない。

「発信する前に、てめぇは楽しんでるのかよ。

てめえが使ってない、楽しんでないものを、

これいいですよって言うのも変じゃね?」

そんな天邪鬼なおいらが日本文化愛好会を結成したのは、

かれこれ・・・この名称にしたのは、今月の11日のことだ!( ̄ー ̄)ニヤリ

静岡市立美術館で開催している「歌川国芳」の展示を見に行ったときである。

そもそも祭に関わっていると、

浅草で祭り用品を見に行くのもたのしみになり

高校生の時から頻繁に浅草界隈をうろつくことになった。

(そういやぁ、その頃だな、日本髪を自毛で結ったのもw)

大人になってからは昼酒もおぼえ、一日中遊べるようになった。

そんなこんなで、寄席に行ったりなんだり。

たまには歌舞伎を見に行ったり、

(染五郎の頃から幸四郎が好きでしたのよw

 今は亀治郎が(・∀・)イイ!娘道成寺を見たい!)

お茶の真似事したり、

山種美術館に行ったり、

出かけるときには和服で出かけたりもする。

日本文化の一端ではあるが、遊び倒してやろうと思っておるのだ。

日本文化愛好会の会員は、私一人である。

現在会員は募集していない。そして、今後もするつもりはないw

次は文楽だ!

あ・・・それと龍笛で越天楽!

このように楽しいことを考えないとちと辛い体調なのである(。>0<。)

| | コメント (0)

HP更新

選挙前から放置していたHP、やっと更新できました。

昨日たくみが、いや、シスコムのしゃっちょーさんが来て、

不具合を調整してくれたのでした。

moving now的ホームページから、

仁義礼はあると思うけど、いやまだまだか的ホームページになりました。

内容はきっと、いや、間違いなく同じな感じになる(^-^;

こんな失礼なおちゃらけ方をするんじゃないと、叱られるかもしれないな。

うん、叱られたら、なおそうw

おいらはこの所、喘息三昧な日々であります。

外に出られないから、家の中でゴボゴボ・ゲロゲロしながら、

ネット見たり、本読んだり、事務仕事したりしておりますょw

はやく元気になりた~い!

| | コメント (0)

お祭り準備

お祭り準備のため、今日は帰省した若衆や中高生も含め、

日待ちづくりの準備をしておりました。

ワタシは単なる野次馬ですが、

準備のあと、中老さんの下っ端さん@去年?まで若衆の偉い人=若衆大頭が、

準備をしてくれた中高生に、恒例のバーベキュー接待をしておりました。

で、野次馬のワタシは、ごちそうになりました^^;

ほれ、このように・・・

8122

8123

8124

あれ?画面横倒しだ!  まっ、いいか ^^;

8125

明日から、下田八幡神社例大祭が始まります。

8/13 夜 日待ち

14.15までです。






| | コメント (4)

靖国参拝

閣僚、靖国参拝せず。

こんな記事には、もうウンザリだ。

国のために、命を捧げた英霊に対し、

国家の中枢にいる人間が、頭を垂れる事になんの抵抗があるのだろう。

中国や韓国に配慮なんていうのは、愚の骨頂。

終戦記念日は下田のお祭に重なるため、

8/11に靖国に参拝をしてきた。

祈りは極々単純。

「国のために命を捧げられた皆様、

皆様がいたからこそ、私はここに命があります。

皆様に恥じぬよう、精一杯この国を守ってまいります。」

たったそれだけのことだ。

戦争がどうこう言う話ではない。

先人を敬って何を恥じることがあるのだ。

A級戦犯がどうのこうのいう問題ではない。

先人のご苦労を慮って何が悪いのだ。

国の代表たる閣僚が、先人に頭を垂れることができないことに、

とても情けない思いなのです。

そんな思いで参拝をしてきました。

         ↓

8126

咢堂塾でご一緒させて頂いた高橋大輔さんのブログで、

大変参考になる記事がございましたので、

勝手にご紹介させて頂きます。

(明日とか、明後日とか、事後報告させて頂きま~すw ごめんなさい!)

http://ameblo.jp/daisy0505/entry-10977161492.html  ← クリック

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »