« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

まち遺産シンポ&料磨でご飯

2/26(土)は、まち遺産こどもシンポジウムがあり、

市民文化会館へ行ってきました。

2271

近頃の子どもたちって、とっても積極的に、

人前で発言できるんですねぇ・・・。

立派です!

総合学習の成果かなぁと思ったしだい。

そして、この後・・・斯く斯く然然で、

いっぱいお酒を飲んでしまいましたとさ。

で、今日の昼近くまで惰眠をむさぼっておったところ、

友達っぽい人の友達から 「昼飯くわねぇ?」との電話。

料磨へ豪華ランチということになりました~w

TVで取り上げられたりした「石焼き鯵のなめろう丼」を注文。

2273

うまっ! o(*^▽^*)o

半生になった鯵がいいw 味噌のこげた感じもいいw

味がしっかりしているんで、「こりゃ、酒がほしいね。」と、

友達っぽい人の友達も言うとりましたよ。

画像にはうつってないけど、

魚のアラで作ったお味噌汁も美味しかった~w

昨日飲みすぎてなければ、

「ずいませ~ん!ビールおねがいしまっす!

 それから酒も冷で~w」

絶対言ってたな・・・(^-^;

| | コメント (3)

3月定例会の一般質問

3月定例会の一般質問の通告書うpしますょw

おいらの一般質問は、3/7(月)のたぶん・・・2時半ごろかなぁ~?

件名① 認定こども園・給食センターの一括プロポーザルについて

 12月議会の議論の中で、

     二つの事業をあわせたときには、市内の設計業者では対応できず、高度な提案内容を求めるプロボーザルに適している。

     いろいろな角度から検討していく課題である。経費の削減を視野に入れながら、地元業者が参画できるような方法を検討していく。

という事であった。

1.      二つの事業を別々にやった時には市内の業者でも対応でき、プロポーザルにする高度な内容になるとは考えられないが如何か。

2.      庁内の議論で、どういう方向性が出たのか伺う。また平成23年度予算を計上する以上は、全体スケジュールの方向性が定まっているのかを、あわせて確認したい。

3.      プロポーザルにしなかった場合の、財政計画への影響を示して頂きたい。また事務手続き上の影響についても伺いたい。

件名②庁舎建設のプロポーザルについて

1.      地元業者が参入するためには、コスト面での頑張りを準備して欲しいという事であった。大手と地元業者ではコスト面では勝負にならないから参入できないのである。コストについて、どういう見解をお持ちなのか伺いたい。

2. 庁舎建設をプロポーザルで行わなかったときの財政計画への影響をお示し頂きたい。

件名③ 第5次下田市行財政改革大綱及び実施計画について

5次下田市行財政改革大綱案、実施計画案が示されたところだが、進め方について伺いたい。

1.      実施計画(集中改革プラン)を策定し、集中改革プランの積み残しを重点事項に揚げ、取り組んでいくという事だが、対象事業の目指す内容は既にはっきりしている。工程表に示していくと言っても、6年間の集中改革プランでできなかった事業である。どの様に実施していくのか伺う。

2.      重点事項の管理を経営戦略会議の役割としている。経営戦略会議設置要項の趣旨によると、財政健全化策を具体的に策定・実行とある。過去の会議録を見ると講演会等の勉強会的な要素が多く、策定・実行にはなってこなかったように思われる。揚げられた4項目により、要綱にのっとった形になりうるのか見解を伺う。

3.      経営戦略会議の組織は、市長・副市長・各課長となっている。政策会議や課長会議との差別化がはっきりとしない。個別事項を検討するプロジェクトチームをつくるなどすべきではないのか。

重点事業以外の進捗状況の管理及びマネジメントサイクルの確立おいて、職員の能力向上は欠かせない。職員研修等の予算は充分にとられているのか伺う。又、近頃事務的なミスや大変多い。事務執行をするにあたり、課内での連携が取れていないのではないかと感じるところだが、そのあたりの対策はとられているのか伺いたい。

件名④下田市教育委員会 自己点検・評価報告書について

下田市においては集中改革プランにより財政健全化と行政改革を推進してきたところであり、第5次下田市行財政改革大綱案を策定するため、集中改革プランの検証総括もしたところである。当然教育委員会も担当課として検証をされているはずである。そこでこの報告書を見てみると、果たして検証をしたのかという内容といわざるをえない。

1.      総合計画に基づいて点検評価というのは当然ではあるが、下田市の実態としては、集中改革プランに基づいて事業執行がなされてきた。集中改革プランとの位置づけがはっきりしていないが、この点検評価の資料として、集中改革プランの検証がどの程度されたのか伺う。

2.      本来は事業コード別に評価を行わなければ、具体的で改善につながる点検評価ができないと思うが如何か。

このように教育行政の具体的な政策形成が求められているところであるが、教育進行基本計画の策定も必要になってくるのではないかと思うが、見解を伺いたい

| | コメント (2)

バタバタしとります~@頭の中(- -;)

えっと、この所何となくやることが多くて、

バタバタしとります~!

ていうのも4月には選挙があるわけで、

そのための後援会活動とかあるわけだし・・・_| ̄|○

その前に3月定例会がまっております!

一般質問の通告書&原稿もつくらな・・・_| ̄|○

昨年の当初予算書を参考にしながら、予算審議の内容も考えな・・・_| ̄|○

どれも中途半端で・・・il||li _| ̄|○ il||li

整理しながらひとつずつだわ~

そんな話を人生の大先輩にしたら、

「まるで夏休みが終る頃の小学生だな・・・」

と、痛いご指摘!⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク

あまりに的を得ていて、即死ですた\(;゚∇゚)/

| | コメント (4)

友人と夕飯@なべや大むら~BarEmu

連日、大むらかよっ! そう思っている皆さん・・・

はい、そのとおりです!(^-^;

昨日は友人と猪鍋を食しましたw

        ↓

2141

で、やっぱコレですわ・・・(^-^;

       ↓

2142

久保田とか三千盛とか開運とか立山とか・・・

飲んじまったんだぜw

おかげでマルクス、カント、サンデル先生のジャスティス、

レスターサローの資本主義の未来、

いろんな小難しい話を放り投げるような会話で 、

意味のなさが面白かったですw

続きは場所を変え、カクテルに突入

なんかわからんが、美味しいカクテル

     ↓

2143

コレは、セックスアンド・ザ・シティーでお馴染みの

コスモポリタン・・・初めて飲んだw

       ↓

2145

美味しいカクテルを作るマスター

Bar Emu の オーナーバーテンダー達間さん 

           ↓

2146

そんな訳で、夜は更けていったのでした~

*この際言い訳

 ワタクシ、こうみえて意外と忙しくしております。

 三月議会に向けての一般質問の準備やら

 なんやら・・・かんやら・・・・

 で、弟のお手伝いとか・・・

 ちゃんと、お仕事してま~す!sweat01 

| | コメント (2)

80's DISCO NIGHT inなべや大むら?

今日は何しろ寒い一日で、夜になってきたら益々さむい!

しかし日課ゆえ、弟の店「なべや大むら」へ・・・

2116

えっ? もしかして???

( ゚д゚)ポカーン

  ↓

2117

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今夜は なべやじゃない!

2111

2113 

2112

伝説のDJ オクムラさんが回しておりました!

          ↓

2115_2 

今夜は「80'S DISCO NIGHT」で、

盛り上がるらしいっす!

スナック紫華子当時のミラーボールを

はずさなかった訳が、

今夜判明いたしました! 

     ↓

2114

70’Sなら、盛り上がれるのに・・・il||li _| ̄|○ il||li

そう思いつつ、帰宅したおいらなのでした。

ちなみに、今月の定休日はこちら

      ↓

2118

      ↑

22:00~24:00までが「のみや美味妙(びみょう)」て・・・

店名がかわるって知らなかったわ!

| | コメント (6)

北方領土の日

オラオラ~!北方領土はおれっちのものなんだぜ!

我内閣の総理なら、タオルをぐるんぐるんしながら、叫んでくれそうだが・・・

そんなわけで、今日は北方領土の日でした。

下田では毎年マラソン大会が行われています。

上位の人がもらうトロフィー

       ↓

271

 一般の部スタート

      ↓

272_2

 中学2年生のスタート

     ↓

273

続きは後日・・・オイラ疲れてます・・・_ノフ○ グッタリ

| | コメント (4)

咢堂塾 卒塾式 他・・・@なべや大むら(すきやき・しゃぶしゃぶ・ししなべ)

2/29に咢堂塾の卒塾式がありました。

森山真弓(元法相)塾長とパチリ

       ↓

1291

なんか喋ってるw

   ↓

1292

この後は咢志会主催の新年会へ・・・・

       ↓

1295

そうです!いつもの通り、永田町・町村会館のペルランですぉ~^^;

飲んだり食ったり、喋ったり・・・

*****************************

このところのおいらの活動は、

こと夜に至っては、連日弟の店@「なべや大むら」で飲んだくれておりますsweat01

こんなだったり

   ↓

21

こんなだったり

    ↓

22_2

高カロリー食が続き、

ますます横にでっかくなるおいらなのであった!ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

| | コメント (6)

なぜ議員でありたいのか その2

「私にできること」をするためには、

一市民であるより市議会議員のほうがより密接に行政にかかわれる。

そのために私は議員でありたい。

       ↑

      

このなのですよw

おいらは、下田生まれの下田育ち。

もっと言えば、旧下田町の池之町生まれの池之町育ち。

もっと言えば、池之町の大村肉店が実家で、池之町の田坂に嫁ぎ、

出戻りして一人暮らし、町店のアパートに住んで4年というおいらなのです。

祭は当然池之町、息子が太鼓台責任者だから、

過保護のママとしては手伝いをしながら、

楽しんでいるわけで・・・

まぁ、なんだ! 下田が大好きなのだ!!!

てめえの生まれ育った地域が大切というのは、

誰でも同じだと思う。

それと同じ程度なのか、もっとなのか・・・

それはわからんが、

下田の為に生きて、下田の為に死にたい。

そんな想いなのですわ~。

それは、日本国の為に生き、日本国の為に死んでいきたいとう、

日本を想う日本国民の想いと同じなのかもしれない。

ナショナリズム的な考え方と思うかもしれないけど、

どう思われてもかまわないのだが、

私は下田の為に貢献したいし、

日本国の為に生きたい。

そのためには、行政の場に、

政治の場にいなければ、仕事ができないという事なのだ。

もっ若ければ、行政に就職する事もできたかも知れないが、

47歳という年齢なのだ。

政治の場しか、行政にかかわれないのだ。

議員であることが、下田に、日本国に、

より近いところで貢献できる。

好きな人に全てを捧げたいという乙女心と同じなのだ。

大好きな下田に、日本国に、

全てを捧げて貢献するために

議員でありたいのだ。

| | コメント (10)

なぜ議員でありたいのか

さっきニコ動で、本日のゲル様の質疑を見ておりました。

「議員になる前に故渡辺美智雄氏の講演を聞いて感銘を受け、

テープを毎日聞き自分もそうありたいと思い続けてきた。」と、

発言をされていた。

尾崎行雄記念財団の咢堂塾の塾長であった故相馬雪香先生が、

いつも塾生におっしゃられていた

「先生の講義を聞いて、ああなるほど、そう思うだけじゃ何もならない。

なるほどと思ったら、自分がどうするか考え、行動しなさい。」

「あなたは何をしたいの。」

私にとっての「そうありたい」と思い続けている言葉である。

私の政治活動の出発点は「リープロ住民投票を求める市民運動」

であったというのは、ご承知のとおり。

「私は今の財政状況でこの事業をやるのは反対である。

しかしベイステージの建設の賛成の人も(反対の人も)あるだろう、

だとするならばせめて賛否を問うて、

仮に賛成の人が多いというのならそれが民意であるから、

後の財政負担は下田市民が責任を持ってすべきである。

地方自治法に定められた直接請求という住民の権利を

行使させよ。」

ということであった。

議会がこの条例案を否決した後の統一地方選挙に立候補したのは、

「リープロ住民投票条例の制定」が目的であったので、

議員提案で条例案を出し否決され、

公約不達成という事であっという間に決着がついた。

私がこの一連の政治活動の中で尚一層心に強く思ったことは、

日本において民主主義が確立されていないという事である。

民主主義とは何か、住民参加とは何か、実践を通じて学んだ。

政治はよく間違いを起こす。

間違った政治に理論的に間違いだと言えなくては市民として未成熟だ。

誰かがやってくれる、誰かが言ってくれるという「おまかせ」な市民では、

あるいは国民では、民主国家の構成員たる資格がないのではないか。

しかし民主教育を受けてこなかったのだから、

そうなって当然と言えば当然だ。

私はそれは決して正しい事とは思えない。

だから「民主教育を、市民教育(シチズンシップ)」を根付かせたいと思った。

今も本気で思っている。

先ずは自分の自治体をどうするのかだ。

スウェーデンの中学校の教科書「あなた自身の社会」が

私のバイブルのひとつであるが、

子供たちに「私たちの社会だ」という認識をもたせたいと思った。

教育方針はは国会で決めていて、

都道府県が人件費をもっている。

そして市町村が施設整備という三層構造だが、

図書館は民主主義のとりでと言われるように、

私は多種多様な本に触れることによって、

自ら考え行動する人を育てると信じている。

それが今の自分にできる「民主教育・市民教育」の推進である。

相馬先生がおっしゃったように、

「私にできること」をするためには、

一市民であるより市議会議員のほうがより密接に行政にかかわれる。

そのために私は議員でありたい。

| | コメント (4)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »