« 咢堂塾 第8回講義 「日本政治とマニフェスト」 | トップページ | 民主党代表選 »

一般質問について

おいらの場合、毎定例会に一般質問をしとります。

で、HPの方にはうpしとるんですが、

ブログにもって言われたので、やってみるかとw

まぁ、ネタ切れってこともあるんだけど・・・(^-^;

九月定例会の予定としては、

①第4次下田市総合計画と財政見通しについて

②男女共同参画について

この2点でいってみようかと思っております。

とりあえず、6月定例会はどんな内容かというと

       

       ↓

       ↓

2010年6月定例会 一般質問

①第2次下田市集中改革プランについて

1.   下田市集中改革プランの達成率と削減効果

2.   その評価と、未達成部分の主な内容とその理由

2次下田市集中改革プランの中心となるテーマ

(未達成な部分がテーマとなるのか)

②第4次下田市総合計画について

1.4次下田市総合計画策定方針について(地区懇談会で配布された資料)

策定における基本的視点

①現状を把握した実行可能な計画作り

本市の実情に合致した実行可能な計画とは、実行するという意思と理解してよいのか。

②新公共経の考えに基づく戦略的計画作り

明確な数値目標の設定に努めるとともに事業内容を明確にし、予算編成や組織・人事管理と連結可能な計画とするとあるが、結果を重視する新公共経営に基づく明確な数値目標とは何を指すのか。事業内容の明確化とは、具体的にどの様な記載をするのか。

③各種個別計画と整合性のある計画作り

各計画との整合性とあるが、集中改革プランの中心となるテーマが、実行可能な計画として、記載されるのか。

④市民にわかりやすい計画づくり

市民にわかりやすいとあるが、基本計画に事業を項目だししなければわかりにくいと思うが如何か

満足度と重要度

     重点化領域の政策決定の意図するものは何か。

2.地区懇談会の意見聴取について

具体的に計画に反映させるために、地域の課題について意見聴取を行ったわけだが、年齢構成・男女比等、偏りがあることが明らかになっている。今後より幅広い意見を聴取と言っても、時間が非常にタイトな状況。6/15には第一回の審議会にかけられている。この偏りある意見聴取をどの様に取り扱うのか。住民要望と行政需要との違い、考え方も示して欲しい。

③財政について

1.611日の全協での質疑で、7月中旬には10年間の財政計画を提示するとの発言。

前提となる条件(①人口22,000人・生産年齢人口50%・就労者9,200人)で、第4次総合計画の基本計画にあげる事業実施の為の、一般財源の確保について伺う。(市税・交付税等の推移予測)

2.下田市財務諸表分析について

 下田市財務諸表についての説明は611日の全協で受けているが、財務諸表分析の説明がなかったので、若干伺いたい。

     増田榮策議員の質疑で、(611日の全協)資産老朽化率について昭和44年以前の建物を加えると、かなり老朽化率が上がっていくと見込まれるといわれたが、昭和44年以前の建物(資産)とは具体的にどのようなものか。

資産形成度における住民一人当たり資産額、持続可能性住民一人当たり負債額は、住民にとってわかりやすい情報である、また他団体との比較が可能となるということだが、住民にわかりやすい情報とはどういうことか、他団体(類似団体)との比較は意味があるのか。

④学校図書室・図書・子どもの読書について

1.   新学習指導要領において、必要とされる図書整備に係る経費。

(必要冊数・総額)  

2.   新学習指導要領における学校図書室の整備に関する考え方。

(学校図書室における司書の必要性について)

  新学習指導要領に基づき、伺います。

3. 下田市子ども読書活動推進計画の進捗状況

⑤子宮頸がんのワクチン接種について

H22年3月定例会の一般会計予算の質疑において、女性特有のガンの毎年検診と、子宮頸がんのワクチン接種の検討をという提起をさせて頂いたが、検討はされたのか伺う

こんな感じです。

下田市のHPに、議事録としてアップしてますのでご覧ください。

少しは議員らしいブログになりましたかね?( ´艸`)プププ


にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村  ← ポチヨロシクアルョ~♪

|

« 咢堂塾 第8回講義 「日本政治とマニフェスト」 | トップページ | 民主党代表選 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 咢堂塾 第8回講義 「日本政治とマニフェスト」 | トップページ | 民主党代表選 »