2020年9月14日 (月)

地方政治革命となるか?~ウイズコロナのオンライン議会~

新型コロナの影響は地方議会にも

2月27日、政府の専門家会議が「これから1~2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際だ」との見解をまとめ、安倍総理が小中高と学校の休校を要請しました。
地方自治体でも学校への対応をはじめ公共施設の休館など、新型コロナウィルスの感染拡大防止対策を講じ、地方議会においても新年度予算の審議が行われる、三月定例会での一般質問や傍聴を中止にするなど対応に追われました。
議会での審議審査の場は、いわゆる「三密」になりやすく、どのように議会運営をしていけばよいのか、ずいぶん苦労をしたであろうと推察されます。

議会のよって対応はいろいろ

 三月定例会における対応は、議会が開催される建物の構造によって多少違うのだろうと想像しますが、早稲田大学マニフェスト研究所の調査によれば、「傍聴の制限や中止」や「一般質問や質疑の中止、取り下げ」を行った議会もあり、市民団体などから「議会の形骸化につながるという」苦情も寄せられたとの報告もあります。
新型コロナ感染が拡大する中、4月や5月に開催された臨時議会においても混乱は続きましたが、YouTubeを利用した本会議の公開や地元ケーブルテレビなどによる中継を行った議会もあり、「オンライン議会」への準備を始めたところも出てきました。

福島県磐梯町で全国初のオンライン議会

 磐梯町のオンライン議会は、コロナ以前から準備があったことも幸いして、六月定例会の委員会審査で実証実験としての導入が行われました。
 その後、全国の大小自治体で、オンライン議会(委員会)の開催を行う自治体も出てきています。
 取手市議会では、議会のICT化導入を目指し、九月定例会で以下のような条例改正を行いました。

「災害の発生、感染症のまん延等のやむを得ない理由がある場合に、委員がオンライン会議システムにより委員会の会議に出席することを認め、会議室に集まることなく、討論と表決を除く部分について出席委員として議事に参加できるようにする」。


 新型コロナをはじめ災害で大変だから議会を開催しないということになると、首長側は専決処分を行ってしまうので、予算を執行するのに議会のチェックが入りません。
オンラインで議会を行えるようにすれば、少なくとも議会としての権限を行使し、住民の負託に応えることができるようになります。

行政視察もオンライン化

 さらに、取手市では、長野県上田市議会から委員8人と議会事務局職員が、オンライン会議システムZoomを使って行政視察を行いました。
Zoomを使ってのオンライン行政視察は全国的に広がりを見せており、工夫をすれば複数の議会の視察を受け入れることもできるようになり、全国の地方自治体、地方議会間で情報の共有化ができる可能性もあります。
 
地方議会が国を動かす

ところが、本会議はオンライン化できないという見解が総務省より出されました。地方自治法の第113 条及び第116 条第1項に規定されている「出席」の概念が、現に議場にいることと解されているためです。

 地方自治法
113条の規定「普通地方公共団体の議会は、議員の定数の半数以上の議員が出席しなければ、会議を開くことができない」
第116条1項の規定「この法律に特別の定がある場合を除く外、普通地方公共団体の議会の議事は、出席議員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。」

総行行第117号 令和2年4月30日
新型コロナウイルス感染症対策に係る地方公共団体における議会の委員会の開催方法について
https://www.soumu.go.jp/main_content/000685719.pdf

 新型コロナ感染防止のためにオンラインで委員会を開催したのにもかかわらず、本会議に参集しないと議会としての議決ができないというのでは、本末転倒としか言いようがありません。
 地方議会もただ手をこまねいているわけではなく、全国都道府県議長会をはじめ、個別の地方議会からも総務省に対し、本会議のオンライン化ができるよう、地方自治法改正をすべきとの意見書を提出しています。
 前出の取手市などは高市早苗総務大臣に面会し意見書を手渡しました。
高市総務大臣からは、「オンライン本会議の必要性は理解しています。議員の本人確認やセキュリティ対策などクリアしなければならない課題があると考えます。中期的な課題として捉えています。」という返事をもらったようです。
https://www.city.toride.ibaraki.jp/gikai/shise/shicho/shigikai/topics/200701soumusho-ikensyo.html

新型コロナの感染拡散防止という必要に迫られた結果、地方議会が国を動かす流れができたといっていいでしょう。

そしてペーパーレス化へ

 議会での紙による通知は、「明らかに無駄」というものがかなりの数ありますが、新型コロナ対応としてタブレットを議員に配布したことにより、議案などのペーパーレス化も一気に進む可能性が出てきました。
ペーパーレス化については2010年頃から先進的な取り組みをする地方議会が現れ始め、2018年には東京都江東区議会が年間8万枚の紙を削減し、2019年には大阪府議会が年間48万枚の削減に成功しています。
 ともすれば「おたっしゃクラブ」と揶揄される地方議会ですが、ペーパーレス化の波や新型コロナ対応で、年齢を重ねた議員一人ひとりが、ICT化に対応していく姿が見られました。
予算書に折り目を付け、付箋を貼り、メモを書きという時代は、終焉を迎えたということかもしれません。

 

>予算書に折り目を付け、付箋を貼り、メモを書き ← これ、現職当時の私ね。😢

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

宜しければ、お読みください。

 

自治体の議会事務局を強化するって、大事よ。

https://ameblo.jp/tomiyo-takahashi/entry-12621519521.html

日本に三声あり

https://ameblo.jp/tomiyo-takahashi/entry-12621888043.html


靖国神社秋季例大祭参拝はご遠慮ください。

https://ameblo.jp/tomiyo-takahashi/

| | コメント (0)

2020年9月 1日 (火)

自治体の議会事務局を強化するって、大事よ。

アメブロにUPした記事ですが、読んでいただければと思い、こちらにも転載いたします。

地方政治ネタはあまり読まれないので…(;'∀')

 

*メディアが報じない身近な政治問題

安倍総理の辞任を受けテレビも新聞も週刊誌も、
メディアというメディアは「ポスト安倍」関連ばかりを取り上げています。
まあ、わかりますけれどね。
派手なお祭り騒ぎができるので、視聴率も販売部数も増えるでしょうから。
しかし、一方で地方自治体で起こる様々な事件を取り上げていかなければ、
メディアお得意の「国民の知る権利」が侵害されるんですけれど、そのあたり意識してますかね?

たまたまツイッターで見かけた白川愛目黒区議会の投稿に、
東京は田舎より酷い閉鎖社会なのかもと意外に感じました。
一部抜粋します。

・・・(転載ここから)・・・

資料配布をなぜ私一人にだけしないのか、明確な理由の提示を求めます!!

https://aishirakawa.tokyo/blog/4992

目黒区議会の体質を現わしているようなこの任意の会議体ですが、かねてから私一人だけが傍聴も禁止され、昨年令和元年1月7日を最後に資料の配布もして頂けない状況が続いております。

これまでも目黒区の議会運営事項検討会の資料の情報公開請求を定期的に行っておりましたが、8月18日付でまたしても『開示拒否決定通知書』が手元に届きました。

36人もいる議員のうちで私だけに会議の資料配布をしないという行為に正当性はあるのでしょうか?

・・・(転載ここまで)・・・


そして千代田区議会では、議会の百条委員会での虚偽証言を理由に、区長を刑事告発する議案が可決されましたが、
区長は、「告発は事実上の不信任にあたる」として、議長に議会解散を通知しにいきました。
 

千代田区議会、解散するの? 石川雅己区長の「解散通知」Q&A
https://www.tokyo-np.co.jp/article/47234

・・・(転載ここから)・・・

石川区長は、一般には販売されない「事業協力者住戸」と呼ばれるマンションを優遇的に購入した問題を議会で追及されています。先月27日の本会議では、議会の百条委員会での虚偽証言を理由に、区長を刑事告発する議案が可決されました。石川区長は、告発は「事実上の不信任にあたる」として、議会に解散を通知しました。

・・・(転載ここまで)・・・

なんじゃこれ?

大東京でこんなバカげた議会運営がまかり通っているなんて…
( ゚д゚)ポカーン ← こんな感じです、私。

私は人口3万人にも満たない伊豆半島南端の地、下田市の市議会議員を3期務め副議長職も経験しましたが、こんなひどいことは一度も経験していません。
それはやはり議会事務局がしっかりしていたからだと思っています。
どれだけ多くの得票をもって当選しようが、最下位当選であろうが、多選であろうが、当選した議員に対して議会事務局が同等に接してきたからだと思います。

目黒区議の白川氏は他の議員と人間関係を築けていないのでしょうけれど、それは全く別の次元として、議長や議会事務局が間に入り調整するのが一般的です。
ましてや資料を出さない、会議録は残さないなんて。
「はっ?いまどき?」
( ゚д゚)ポカーン ← こんな感じです、私。

千代田区長の石川氏は元東京都職員です。
「元行政マンなのに?」
( ゚д゚)ポカーン ← こんな感じです、私。
行政関係にいながら、こんな無茶苦茶なことがよくできたなと思う反面、議会事務局、しっかり戦えよ!と思ったわけです。
議会事務局は議長が任命するんですから、逆に区長をいさめなくてはならないはずです。
(もしかしたら、戦っていたのかもしれないけれど…頑張っていたのならごめんなさい)

*議会事務局に期待される役割

議会事務局は議員や会派が、政策集団として活動するための補助機関です。
・当該団体の政策の現状を把握する
・問題点の分析をする
・政策立案のための情報調査
・法令に対する幅広い知見
・執行機関と対峙するための知恵袋
本来議会事務局は、こういう役割を担っているんですね。

例に取り上げた千代田区議会は議員定数25人で事務局職員は局長以下13人、目黒区議会は議員定数36人で事務局は局長以下13人。
それに対して執行権側はというと千代田区が1100人余り、目黒区が2000人余り。
議会と執行機関の「知恵袋」にはこれだけ差があります。

常に何かが起こる議会をこの人数で回していくとなると、先に記した「期待される役割」は果たすことができず、
現状では「形式とルール」を重視した、議会運営に重きを置かざるを得ないのですね。
二元代表制という制度において議会が職責を果たしていくためには、議会事務局の強化が絶対に必要なのです。

*なぜ議会事務局が強化されないのか

昭和23年に地方自治法は制定されましたが、その時には「議会に書記長及び書記を置く、但し、市町村には書記を置かないことができる」とされていました。その後改正をしながら町村議会に「事務局を置く」とされるまで10年を要すことになります。
執行機関と議会は対等なはずなのに、議会の補助機関である議会事務局は歴史的にも冷遇され弱体であることがわかります。
形式的には、議会事務局の職員は議長が任命しますが、人事交流というのか知りませんが、議会事務局の職員は数年で執行機関に戻ります。
例えば議会改革や人員増など、後々執行機関側に不利となることには、議会事務局の職員は消極的になってしまうわけです。

そりゃ、首長に睨まれたくないもんな…

また近年は行政改革の一環で、議会事務局の職員も減らされる傾向が続いています。

*最後は有権者頼み

志を持って落選するかもしれない選挙に挑んで、有権者の信託を受けたとしても、政治家は行政の素人です。
自分たちの町のためにしっかり働こうとしている議員という素人集団を、しっかり支えより働ける政治家にするために、議会事務局は強化されなければなりません。
これを読んでくれた皆様方が1票を投じた議員に、「あなたにもっと働いてもらうために、議会事務局に予算つけたほうがいいんじゃない?」と、優しい一声をかけてあげてほしいなと思います。



| | コメント (0)

2020年8月30日 (日)

政治は「時代の使命」を背負っている。

先ずは近況報告を。

2014年で静岡県下田市議会議員をやめて上京し、

尾崎行雄記念財団・咢堂塾の運営委員として活動しています。

尾崎行雄記念財団は超党派の団体で、時の衆議院議長が会長を務めています。

特別にどの政党を支持するということはなく、

尾崎行雄翁の生き方に学び、

「誰が正しいかではなく、何が正しいのか」を常に世に問いかけています。

そういうわけで、当財団が主催する「人間育成塾・咢堂塾」では、

イデオロギーに関係なく、各方面から講師をお招きし学びの場を提供しています。

本年度はコロナの影響もあり例年より遅れての開催でしたが、

昨日で第6回の講義を終えました。

講師は北川正恭氏で「地方政治と日本の未来」というテーマでお話を頂きました。

ミスターマニフェストとして有名な北川氏、私も地方議員時代には随分本を読み、講演を聴きましたが、

自分自身が地方政治について講師を務めるようになると、

また違った見方で話を深く聴けたような気がします。

昨日の講演で心に残った言葉が、タイトルの「政治は『時代の使命』を背負っている。」です。

政治は良くも悪くも私たちの生活を左右します。

敗戦直後は、「国民を飢えから救う」が政治の使命でしたが、

今の政治の使命はまさに「コロナ禍から国民を救う」ことになるでしょう。

色々な情報が渦巻く中、私は「何が本当なのか見極め、時代の使命を背負えるだろうか」と、

自問しているところです。

と、どうも、しんみりしがちなんですよね。

コロナ禍で気持ちが萎縮しているところに、

安倍総理の辞任。

どちらかと言えば安倍総理に対しても批判的な立場である私ですが、

総理は安倍さんしかいないじゃないかと思っているところもあり、

心にぽっかり穴が開いた状態です。

次の総理に挙げられているメンツを見ると、非常に暗い気持ちになってきます…

河野太郎押しだった私ですが、女系天皇発言ですっかりテンションは下がってますし…

困ったものですな。⤵

 

 

 


| | コメント (0)

ココログフリーのサービス内容変更により、あなたのブログがまもなく更新できなくなります。

記録保存用として残しておいたココログですが、
「ココログフリーのサービス内容変更により、
あなたのブログがまもなく更新できなくなります。」
というお知らせを頂いたので、
時々は更新しようかなと思っております。

ココログさん、宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

2018年10月22日 (月)

政治夜話開催のお知らせ

8月にアメブロに引っ越しましたが、

こちらにもまだ来てくださっている方がいらっしゃるので、

政治夜話開催のお知らせを転載いたします。

新住所はこちらです。↓

https://ameblo.jp/tomiyo-takahashi/

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

10月24日(水)に「高橋とみよの政治夜話」 ~赤坂見附酒肴会第22回~を開催いたします。
テーマは『下田の歴史から~吉田松陰と中根東里~』です。
兵学者としての吉田松陰と、清貧の陽明学者の中根東里の生きざまから、
『政治に求められる思想と行動』を考えてみたいと思っています。

やっとレジュメもできましたので、あとは頭の中の整理です。



踏海の地・下田ならではの松陰の足跡もご紹介できると思いますので、
勇気ある皆様、ぜひご参加くださいませ。
赤坂見附の酒場で、一杯飲みながらの気軽さです。(お弁当も出ます)
どうぞ宜しくお願い致します。
画像は第14回政治夜話の1枚。↓


詳細は下記URLへ。
https://peraichi.com/landing_pages/view/1034-20170118

******************

やっとUPが出来たので、調子に乗って今日のサラメシ画像です。


我が家の鉄板弁当です。

塩鮭、卵焼き、切り干し大根、さつま揚げ煮物、野菜。

鮭弁は大好きさ~♪とうちゃん、今日も頑張ってな!

 

| | コメント (0)

2018年8月 1日 (水)

アメブロに新居を構えました。

平成30年8月1日より、アメブロに新居を構えました。まだ途中ですが、新記事を公開しました。

https://ameblo.jp/tomiyo-takahashi/

ココログの記事はそのままこちらに残しておく予定です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

8月29日(水)に

「高橋とみよの政治夜話」
        ~赤坂見附酒肴会第20回~

開催いたします。勇者の参戦を待つ!

【テーマ】未定

皆様の参加をお待ちいたしております。詳細は下記URLへ。

https://peraichi.com/landing_pages/view/1034-20170118

| | コメント (0)

2018年7月30日 (月)

英霊の聲

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございますm(_ _)m 皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

図書館に本を返しに行って、新たに借りてきたのがこれです。

Img_0872

三島の本が読みたいと書棚をめぐっていて、

目に飛び込んできたのが「英霊の聲」でした。

「などて天皇(すめろぎ)は人間(ひと)となりたまいし」

この一文だけで胸が締め付けられ、今すぐ読みたいという衝動を抑えつつ、

とりあえずは主婦業をこなします。

あと、少々長文のブログ記事も書いておりまして、

そちらは8月1日にスタートさせる予定のアメブロで公開いたします。

こちらのサイトは引っ越しはせず、このまま残しておこうと思っていますが、

そのあたりはまだ未定です。

平成30年8月1日より、アメブロに移住しました。まだ途中ですが、新記事を公開しました。

https://ameblo.jp/tomiyo-takahashi/

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

8月29日(水)に

「高橋とみよの政治夜話」
        ~赤坂見附酒肴会第20回~

開催いたします。勇者の参戦を待つ!

【テーマ】未定

皆様の参加をお待ちいたしております。詳細は下記URLへ。

https://peraichi.com/landing_pages/view/1034-20170118

| | コメント (0)

2018年7月29日 (日)

気持ちの沈む花火

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございますm(_ _)m 皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

今日、隅田川の花火がありました。
マンションの屋上に上がるとご近所さんもそろっていて、
私たちにもお酒をふるまってくれました。
下町らしい人情に触れるとここに住めてよかったと思う反面、
ふるさと下田が強烈に恋しくなります。

台風12号は下田にも被害をもたらし、
田牛海岸の砂がさらわれたり、板戸の防波堤が壊れたり、
外浦にカジカが大量に打ち上ったり、
停電のところも多かったようです。
花火を見ながら、災害復旧の補正予算が組まれるのかなと思ったりしていました。

台風12号は四国から九州に向かっており台風が通過した地域も大雨が予想されています。
こうやって空を見上げている時に、先日の大雨で被災された地域にお住いの方々は、
辛いだろうなあと…気持ちが沈む花火のひと時でした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

8月29日(水)に

「高橋とみよの政治夜話」
        ~赤坂見附酒肴会第20回~

開催いたします。勇者の参戦を待つ!

【テーマ】未定

皆様の参加をお待ちいたしております。詳細は下記URLへ。

https://peraichi.com/landing_pages/view/1034-20170118

| | コメント (0)

2018年7月21日 (土)

集団浅慮に、断固反対。東京五輪の10月開催を強く望む

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございますm(_ _)m 皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

日本各地で命に関わる危険な暑さが続いています。
連日天気予報では「用事がない限りは外出を控えてください」とアナウンスをしていますが、
消防庁の発表によると、7月9日~7月15日までの全国の熱中症で救急搬送された人は、9956人だったそうです。
またつい先日は愛知県の小学生が、校外学習中に熱中症で亡くなるという痛ましい事故もありました。

古来、日本の夏は風鈴の音を聴いて涼を感じる風情もあったはずなのですが、
今は命が危険に晒される季節になったということです。

そうした中、2020年の東京オリンピック大会の開催日程が報じられました。

東京五輪の競技スケジュール大枠決定 暑さ考慮した日程に

(NHK NEWS WEB 2018年7月19日 0時04分記事一部引用)

2年後の東京オリンピックの競技スケジュールの大枠が決まり、陸上のマラソンが午前7時にスタートするなど一部の競技で開始時刻が前倒しされ、厳しい暑さを考慮した日程となりました。

東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会の森会長は、IOC=国際オリンピック委員会の理事会に出席したあと取材に応じ、「理事会では異論はなく、『計画段階から運営段階へと確実に移行していると明確にわかった』と評価された。アスリートの調整にとっては、日程が決まるのは非常に大事なことであり、大会の準備をする人たちにとっても、いよいよ本格的に動き出すということだ」と話しました。

・・・(転載ここまで)・・・

スケジュール決定に至るまでは様々な検討がされただろうとは思います。
ボランティアスタッフの参加が見込まれる夏休みシーズン突入であるとか、お盆や終戦記念日を避けるとか。あるいは台風シーズンを避けるとか。

それでも納得できないのは、なぜ危険な日程を組むのかということです。
日本の夏が現在のような猛暑、酷暑の様相を呈する以前から、もっとも気温が高い時期です。
日本にいる私たちですら参っている現状なのに、コンディションに不慣れな海外選手を慮ると、決定された時期の気候は劣悪と言わざるを得ません。
たとえば、軍事アナリストの小川和久・静岡県立大学特任教授はツイッターで次のような指摘をされています。

https://twitter.com/kazuhisa_ogawa/status/1019921378022109185
「昨日、国立競技場をメディアに公開。日本スポーツ振興センター側は、エアコンは設置しないが「風が入りやすい構造で、皆さんも体感できていると思う」とコメント。メディアが持ち込んだ温度計は40〜42度。体感したよ(怒)このバカさ加減と無責任さを問題意識をもって伝えたメディアはなかったような。」

軍事だけでなく危機管理の第一人者でもある氏の言葉は重いです。
私も全くもって同感です。
そして、気候が真夏よりは穏やかになるであろう10月開催への日程変更を強く望みます。

今から半世紀前の1964年、最初の東京オリンピックは秋晴れの空の下で開催されました。
航空自衛隊のブルーインパルスが大空に鮮やかな5輪を描いたのは10月10日の開会式で、これが体育の日のルーツとなって現在に至ります。
当時の人たちは、大会開催にうってつけの季節を知っていたわけです。

Gorin

ところが今回の五輪では、招致の段階から間違っていました。

立候補ファイル 第1巻(PDF:18.1 MB) - Tokyo 2020

Oripara1


Oripara2

h ttps://tokyo2020.org/jp/games/plan/data/candidate-entire-1-JP.pdf

>この時期の天候は晴れる日が多く、且つ温暖であるため、アスリートが最高の状態でパフォーマンスを発揮できる理想的な気候である。また夏季休暇に該当するため、公共交通機関や道路が混雑せず、ボランティアや子供たちなど多くの人々が参加しやすい。

東京五輪招致のために、世界に向かって大嘘をついたんですよ。
我が日本は!

当時の東京都知事である猪瀬直樹さん、そして日本オリンピック委員会会長の竹田恆和さんに、私は聞きたい。
先人の知恵を顧みることもなく、敢えて猛暑の日程を組んだのはどういうことか。
国際社会にもあらぬ疑いをもたれる可能性を、組織委員会の方々はどこまで考えておられたのか。
この嘘が日本の国益を損なうと思わなかったのか。

開催国はわが国のコンディションでもあることから、日本選手団にとってメダル獲得の追い風になることは想像に難くありません。
まして、他国の選手団にとって最悪のコンディションならばどうか。考えるまでもないでしょう。

「日本は、そこまでして獲得メダルを増やしたいのか。他国の選手が猛暑で喘ぐのを横目で見ながら」

私ならば、そんな疑念はまっぴら御免です。
日本の戦い方は、本来は正々堂々が信条のはず。
勝つためにはなりふり構わぬという姿勢が国際社会でどのように見られるのか。それは過日のサッカーW杯でも明らかでしょう。
猛暑の中での開催は、私にしてみればそもそもスポーツマンシップに反するように思えてならないのです。

もしも今からの日程見直しを阻むものがあるとしたら、それは何か。
一度決まってしまったからには変えられない、という「集団浅慮」ではないでしょうか。あるいは「同調圧力」。
こうした日本特有の悪しきメンタリティを打ち破ることが、今回の日程変更には必要です。

今からの日程変更は、私が考えるほど簡単ではないかも知れません。
それでも、1年後はもっと大変になります。開催の半年前ならば、もはや絶望的でしょう。
ならば、敢えて今の時期にこそ、JOCには日程変更の英断を強く求めます。

快適な季節を選ぶか、それとも灼熱地獄を選ぶか。

正々堂々と戦うか、逆に卑怯者の誹りをあえて採るか。

先人の知恵に学ぶか、それとも愚を演じるか。

皆さんは、どちらを選びますか。
私は集団浅慮に断固反対です。
さわやかな秋晴れの空の下、東京五輪の10月開催を強く望みます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

8月29日(水)に

「高橋とみよの政治夜話」
        ~赤坂見附酒肴会第20回~

開催いたします。勇者の参戦を待つ!

【テーマ】未定

皆様の参加をお待ちいたしております。詳細は下記URLへ。

https://peraichi.com/landing_pages/view/1034-20170118

| | コメント (0)

«想いを連れて靖国へ。平成最後の「みたままつり」